セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. はなの独り言
  2. 194 view

【東京観光おすすめスポット紹介】オーストラリア留学時のホストファミリーが日本旅行に来たので全力で案内しました!

こんにちは。毎日片道約2時間かけて通勤しているので、週でいうと約10時間というオーストラリアに往復できる時間を通勤時間に費やしていることに気づいたハナ(@harunatzy)です。

先日、高校時代16歳で初めて留学したオーストリア、メルボルンのホストファミリーが訪日したので、東京の観光スポットと地元の埼玉県深谷市を案内しました。

あれから23年経った今でもこうして繋がっていることが本当に本当に嬉しい。

1歳上のホストシスター、ディープは高校当時から交際していた彼と結婚して2児の母。今や国境を超えたママ友です。

反抗期の16歳、オーストラリア留学で学んだ家族への感謝の気持ちについて書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

今回は彼女から聞いたオーストラリアの教育事情と、子連れ外国人観光客におすすめの東京人気スポットをご紹介します。

【スポンサードサーチ】

オーストラリアと日本のIT教育事情


オーストラリア留学時のホストファミリーはベトナム系の移民です。ホストシスターは英語ネイティブですが、ご両親は強いベトナム語訛りの英語を話すためうまく聞き取ることができず、毎回ホストシスターに通訳をしてもらっていたことを覚えています。

ホームステイ中は、実の姉妹のように同じ部屋の2段ベッドで寝ていました^^

彼女によると、現在、メルボルンでは全小学校ですべての児童にアイパッドが配布され、課題の提出などはオンラインで行われているそうです。

アメリカ在住のママ友も同じことを言っていたし、うちの子供たちが通っていたフィリピンの小学校でさえもIT教育には力を入れていました。

すこし前に、フィリピンと日本のIT教育について比較してつい本音を漏らしたツイートはこちらです。

日本の小学校では、「インターネットの危険性」についてのチラシが配布され、スマホやタブレットの利用について制限がされてます。日本の遅れっぷりがヤバイです。

今後もっともっとIT化が進む未来を生きる子供たちの教育において、この違いはかなり大きいですね。

今回案内した東京のおすすめ観光スポット

1.浅草寺


国内外から毎年3,000万人以上が訪れ、「浅草の観音様」として親しまれる東京都内最古のお寺です。日本の伝統文化を感じることが出来て、さらに「インスタ映え」するお勧めの観光スポット。

今年の初詣で浅草寺を訪れたときに、その美しさに感動し、外国から日本を訪れる人にぜひ紹介したいなぁと深く思った場所です。

浅草寺は外国人客に人気が高いため、おみくじも英語版と日本語版があります。最後に各家族で1枚ずつおみくじをひいたところ、ディープ家は「凶」、うちは「吉」というあまり笑えない結果となりましたが、日本の文化を説明して「凶」のおみくじは寺院内の木の板に結んで厄を祓い、次の目的地へ。

2.上野恩賜公園(上野公園)


「上野の森」とも呼ばれる、総面積約53万m2という広大な敷地。公園内には、東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、パンダで有名な恩賜上野動物園などの施設があるとともに、日本さくら名所100選にも選ばれています。

今回の旅行の一番の楽しみは日本の桜を観ることだと聞いていたので、満開の桜がどこまでも咲き乱れている上野公園に行きました。小さな子供たちが走り回れるようなところが良いかなと思ったのも理由のひとつです。

ディープも旦那さんも子供たちもすごく喜んでくれて、写真や動画をたくさん撮っていました!

3.埼玉県深谷市のイチゴ狩り


ディープ一家は都心のホテルに滞在しているにもかかわらず、レンタカーを借りて埼玉県北部のど田舎にあるわたしの自宅にも遊びに来てくれました。

我が家で団らんした後にみんなで一緒に訪れたのは、わたしの地元のイチゴ狩りファームへ。

オーストラリアのイチゴは、路地で栽培されているのが一般的だそうで、「日本のハウス栽培のイチゴは泥がついていなくて綺麗だし、葉っぱの数が少ない割に実が多い!」と驚いていました。やはり国によって「当たり前」は異なるので、異文化交流をすると新たな発見がありますね。

国が違えば「社会の常識」も違う


今回のディープの家族旅行では、日本約2週間(東京 → 京都 → 大阪)→ シンガポール約1週間 → マレーシア約1週間を経てメルボルンに帰ると聞いて羨ましい限り!

オーストラリアの会社は毎年4週間のホリデーが取得できるのが一般的とのことで最高すぎます。

さらに彼女が勤務する会社では、希望を出せばスイスなど世界各国の支社で1年ワークシェアリング可能とのこと。将来的には国境はほぼ意味をなくすと思ってますが、まだまだ国が違えば「社会の常識」も違うなぁと実感します。

子育てにおける苦労や悩みは国境なんて関係ない


16歳で初めてオーストリアに留学してから23年。当時のホストシスターが子連れで日本を訪れ、埼玉県北部のど田舎にあるわたしの家まで遊びに来てくれたのは本当に嬉しくて、一生忘れない思い出になりました。

お互いが2児の母となった今、日本でこうしてお互いの子供たちを連れて会えたことにも感動です。

国が違えば「常識」も異なりますが、子育てにおける苦労とか悩みはオーストラリアとか日本とか国境なんて関係なく、共感することばかりなんです!

世界の子育て事情を知りたいので世界中にママ友が欲しいなぁと本気で思います^^

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

はなの独り言の最近記事

  1. フィリピンで髪を切って失敗した人に朗報。セブの日本人経営の美容サロンでおしゃれヘアカットが…

  2. 【SNSで社会が変わる】吉本興業の闇営業問題について芸能界の片隅にいた私が思うこと

  3. N高へ行きたいという子供を否定する親へ伝えたいこと。突き抜けた考えや行動ができることは素晴…

  4. 【フィリピンで大人気のGrab】セブ親子留学中の必須移動手段!Grab Taxiとデリバリ…

  5. やりたいことを実行に移す第一歩がセブ親子留学。近藤英恵ツアー参加希望のシングルマザーからも…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP