できるに気づき、できるで羽ばたく【国内留学・海外留学のハナサカデミア】

  1. ジュニアビジネス留学
  2. 1292 view

【実録】令和の虎で完全ALLを達成!その後の影響とは!?ブチギレを恐れて震えていた裏側をお伝えします【事業計画書を公開】

こんにちは。HANA’SACADEMIA(ハナサカデミア)代表の 近藤英恵です。

2023年を振り返り、久々にプライペート記事を書こうと思います。今年もいろいろな”挑戦”をしましたが、やはり一番反響をいただいたのは『令和の虎』への出演です。

『令和の虎』は登録者100万人超のYouTube番組。日本テレビ「マネーの虎」の復刻版として、「マネーの虎」にレギュラー出演していた岩井良明社長が立ち上げたビジネスリアリティ番組となります。

『Tiger Funding』という企画で、一般人起業家である志願者が事業計画をプレゼンテーションし、5人の投資家かつ審査員が出資の可否を決定するという番組内容となっています。出資の希望額を達成すれば「ALL(=希望額の出資が受けられる)」、1円でも希望額に満たなければ「NOTHING(=出資はゼロ)」というルール。

私は息子のコンドウハルキとともに”一般人起業家”として、投資家であり大物経営者である審査員の方々を前に新規事業のプレゼンテーションをしたというわけです。

そして、なんと「完全ALL(=何も条件がつかないALL)」を勝ち取ることができました!もう頭が真っ白になるレベルに緊張して脇汗をかくばかり、いや反省点ばかりなのですが、最終的に完全ALLを達成できて本当によかった…!

この記事では、なぜ私たち親子が『令和の虎』に出演することになったのか、一体どんな事業計画書を提出したのか、本番の当日はどんな様子だったかなど、『令和の虎』で完全ALLを達成するまでの実録をお伝えします。

【スポンサードサーチ】

【令和の虎のYouTube動画】Tiger Funding407人目の志願者

まずは、私たち親子が出演させていただいた放送回(前編・後編)を紹介します。極度の緊張と睡眠不足で私の顔が酷いお婆さんだったというご指摘もいただきましたが、その点はご容赦ください。笑

①賛否両論が巻き起こったドキドキハラハラの前編はこちら↓↓↓

②虎には何もメリットがない!? 激詰めされてしどろもどろの後編はこちら↓↓↓

反省点ばかりでお恥ずかしい限りですが、震えながらも全力で挑戦したのでぜひご覧ください。

初!の親子志願者として『令和の虎』に挑戦した理由

2023年1月14日、友人の紹介で もとのり社長と直接お話をする機会がありました。もとのり社長は、令和の虎に「虎」としてご出演された大起業家。資産20億円のカリスマ経営者としてInstagramなどでも有名なので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その際、弊社事業の今後の展開について相談したところ、『令和の虎』への出演をお勧めいただきました。相談したのは、ジュニアビジネス留学事業についてです。

ジュニアビジネス留学って?

弊社は、小中高生のための国内留学×起業家教育プログラムの『ジュニアビジネス留学』を運営しています。

新時代 “Society5.0″ で求められるスキルに特化したカリキュラムで、自ら考え行動できる力、コミュニケーション力、英語力、創造力、判断力、課題解決能力など、未来を切り拓く力を育むのです。

ジュニアビジネス留学Campでは、一人ひとりが地方創生×SDGsに繋がるビジネスを考え、地域の課題解決を目指し、最終日にプレゼンテーションを発表します。学生起業家とともに取り組むプロジェクト型学習を通して、「自分の”できる”に気づく」3泊4日の短期集中キャンプです。

ジュニアビジネス留学Onlineでは、ビジネス総合コース、英語×プログラミングコース、デザインコース、動画制作コース、ライティングコースをご用意しています。第一線で活躍するプロフェッショナルが制作した動画教材と担任メンターによる少人数Zoomクラスで毎週インプットとアウトプットを繰り返し、継続的により専門的な学習をすることでしっかりと各スキルを伸ばします。「自分の”できる”を伸ばす」オンラインスクールです。

今回、この『ジュニアビジネス留学Camp』を全国展開し、『ジュニアビジネス留学Online』を新たに開講するにあたり、“認知の拡大”(=たくさんの方に弊社事業を知ってもらうこと)が最重要だと思い、『令和の虎』への挑戦を決意しました。

『令和の虎』志願者選考の流れ

とはいえ、すんなり出演できるわけではなく、『令和の虎』に出演するためには下記の手順を踏む必要があります。

1.【一次審査①】出演応募フォームに必要事項を入力

こちらの応募フォームに必要事項を入力します↓
https://forms.gle/LSTof9NiBue48CFA9

2023年1月14日、私はこの出演応募フォームに記入・提出しました。そう、もとのり社長にアドバイスをいただいた当日、マッハで行動に移したのです。ちなみに、尊敬する方からアドバイスを頂戴したら即実行するのが礼儀だと思っています。

その後、令和の虎事務局より、事業計画書のフォーマット2種類(A・B)についてメールで連絡がありました。いずれかのフォーマットを選び、事業計画書を作成します。

2.【一次審査②】事業計画書を提出

1の出演応募フォームを提出してから1週間以内に事業計画書をメール添付で提出します。審査に合格した場合、令和の虎事務局より面接のスケジュール調整についてメールで連絡があります。

私は、1月21日に事業計画書を提出して、1月30日に面接候補日についてのご連絡をいただきました。

3.【二次審査】オンライン面接

オンライン(Zoom)で面接をします。私の場合、2月6日、令和の虎チャンネルを運営する、株式会社 MONOLITH Japanの2名(役員1名+社員1名)、私、息子という合計4名で面接をしていただきました。

まるで『令和の虎』の収録時のようなピリッとした空気で、しょっぱなの私の自己紹介の時点で「長い!」とピシャリ。事業計画書の内容についても厳しいツッコミが入り、背中に大量の汗をかいた面接でした。

厳しくもありがたいご指摘をたくさんいただきつつも、最後に「本当に出演しますか?」と質問されたので「はい!出演させてください!」と即答したことを覚えています。

また、面接の時点では事業計画書の提出期限を過ぎていたのですが、事業計画書を修正して再提出することを許可していただいたので、ご指摘いただいた箇所を修正して、2月24日に再提出しました。

そして、『令和の虎』収録本番は、3月8日。そう。2ヶ月前の時点では、まさか自分がこの場に立っていることなんて想像すらできなかった、そんなスピード感であれよあれよと人生が動き出したのです。

人生、1〜2ヶ月もあれば、自分の行動次第でいかようにも変化するってことですね!

さて、ボロクソに突っ込まれた事業計画書のどこをどんな風に修正したのか?自分の至らなさを晒すことになるのでお恥ずかしい限りですが、包み隠さずお伝えします。

事業計画書のNG例【ビフォー】

こちらの事業計画書について『令和の虎』志願者オーディションの面接でご指摘いただき、改善したポイントについては以下の通りです。

改善ポイント① 融資の金利が低すぎる

今となっては、よくもまぁこんな低金利で融資を受けようなどと思っていたなと。穴があったら入りたい思いです…

これまでずっと自己資金で事業を運営してきており、融資も出資も受けたことがないということは言い訳にもなりませんが、融資の金利相場を調べた際に日本政策金融公庫の基準金利1.2%を参考にしてしまいました。大反省です。

今回、修正した事業計画書にて「融資の金利は8%(返済期間3年間)」と修正しましたが、それでも「年利にすると低い!」と本番で虎の皆様からご指摘いただきました。そりゃそうですよね。皆様、ご自身の会社の事業に投資をしたほうが利益を得られるにも関わらず、そのチャンスを削ってまで赤の他人に融資をするには、それ以上のメリットがなければ意味がないですから。

「お金を借りる」ということは、その金額分の「出資者が他事業に投資することで得られたかもしれないチャンス」をまるごと頂戴するということ。その事実に対して認識が甘かったことを痛感し、それに伴い、希望出資額も変更しました。

改善ポイント② 文字が多すぎて見にくい

プラン概要しかり、自由記述ページしかり、お伝えしたいことを文字で埋め尽くしてしまったので大変見にくいですよね。あらためて見ると自分でもそう思います。

この事業計画書を作成した当時は伝えたい情報(文字)が溢れるばかりで視野が狭くなってしまい、「見る人」の視点が欠けていたなと。もう反省ばかりです。改善版の事業計画書では、(プラン概要①のみ)息子のデザインの力を借りて、伝えたいポイントを「視覚化」しました!

ちなみに、息子は「デザジュク」というデザインスクールも運営していますが、自己紹介欄に書ききれず。入れる情報を取捨選択するなかで「中学3年生で英検準一級に合格。」という文言も削ってしまったんですが、これは入れておけば良かったかも(林社長に褒められたかも笑)と後で思いました。

改善ポイント③ 感想文はいらない

私個人としても、当事業の責任者としても、お客様から頂戴した嬉しいご感想は本当に宝物で、それこそがこの『ジュニアビジネス留学』の実績であり価値であると思っています。で、その思いのままに、限られた自由記述ページを2ページ丸々と感想文で埋め尽くしてしまったという…。

しかし、この嬉しいご感想の数々に価値がないということではなく、投資家の視点で入れるべき情報は違うということですね。改善版では、当事業をやるべき理由と実績(成果物)、その魅力を視覚的にわかりやすくまとめました。

以上の改善をして、最終的に提出した事業計画書はこちらです↓

事業計画書のOK例【アフター】

一睡もできなかった収録前日から瀕死の当日

収録当日は朝から何も喉を通らず、もう言葉にならないほど緊張して、伝えたいと思っていたポイント10のうち3くらいしか伝えられなかったので悔しさいっぱいなのですが、なんとか完全ALLを達成できて、ただただ感無量でした!

というのも、実は、収録の前日に息子からこちらの動画「令和の虎ブチギレ18連発」↓が送られてきて、本来なら翌日に備えてしっかり睡眠をとらなければいけない日に全く眠れなくなってしまったんです。震えが止まらなくなるのでぜひご覧いただきたい。

息子としては、事前にケーススタディをして準備をしておくべきってことを伝えたかったんだと思いますが、いやそれは1週間前にすべきことであって、前日の夜にこれを見ちゃダメ絶対。もう私、この一番はじめの教育者の方と同じように激詰めされてる自分の姿しか思い描けなくなってる状態で収録当日の朝を迎えましたもん…

でも、実際に『令和の虎』の収録スタジオでお会いした主宰の岩井さんをはじめ虎の皆様が人情味あふれる素敵な方ばかりで、一気にファンになりましたし、収録後、令和の虎ファンクラブに即入会しました。

また、収録の直前まで、本番で審査員となる「虎」が誰なのかわからないのですが、私たち親子の収録回で「虎」として審査員を務められ、弊社事業に出資をしてくださった大物経営者は以下の皆様です。(順不同)

株式会社FCチャンネル 林 尚弘 社長
株式会社Suneight 竹内 亢一 社長
株式会社クルイト 大濵 裕貴 社長
(株)お客様みなさまおかげさま 島田 隆史 社長
税理士法人レディング 木下 勇人 社長

皆様、人柄も経営に対する考え方も本当に素晴らしく、学びになることや面白い情報をSNSで発信されているので、ぜひフォローしてみてください♪

セブ島で迎えた『令和の虎』公開日

今年はもともと開催企画していたセブ親子留学ツアーで4月9日〜5月8日までフィリピン出張をしていたため、セブ島で『令和の虎』の公開日(4/22前編・4/23後編)を迎えましたが、実は、公開時間ギリギリまで弊社ホームページの修正作業に必死に取り組んでいました。

どうにか公開時間までに諸々の作業が間に合って、公開後に日本の家族や友人たちからもたくさん応援の連絡をもらえて嬉しかったです!

収録時、息子の前髪のセットがうまくキマらず謎に鬼太郎風だったこと(息子も朝からテンパっていた模様)から、YouTubeのコメント欄は「ゲゲゲの鬼太郎」「デカめのノンスタイル井上」「鬼太郎にしか見えなくて話が入ってこない」などのコメントで埋まってしまいましたが、たくさんの方にご覧いただけて反応していただけるのは光栄なことですね。

そして、ここから怒涛のような日々の幕があけます。

その後、令虎ラウンジの一日店長に就任

帰国後まもなくの5月26日、令虎ラウンジで一日店長を務めさせていただくことに!各業界でご活躍されている凄い方々が超お忙しい中お越しくださり感動です…本当にありがとうございました。

令和の虎の「虎」あお社長も駆けつけてくださり、『ジュニアビジネス留学』の講師でSNS総フォロワー50万人のゆいくんなど若手起業家、教育業界最大手企業や吉本興業の方々、市議会議員の友人など、素敵な皆様との交流を深めることができて最高の時間でした。

ジュニアビジネス留学の説明会に林社長が来てくれた

5月28日に新宿で開催した『ジュニアビジネス留学』の説明会には、なんと『令和の虎』の林社長が駆けつけてくださり、弊社プログラムをめちゃくちゃお勧めしていただき感激しました(涙)

参加された親御様からは、「とても興味深い内容を実際にお聞きすることができて大変感銘を受けました。令和の子育ては本当に我々の頃とは違うことを実感いたしました。」

「サマーキャンプへ興味があり参加させていただいたのですが、娘共々とても魅力を感じた100分間でした。」「子供に伝えたいことがまるっと提供いただけそうだなと感じました!」などなど、嬉しいご感想の数々。こうした機会をいただけるのも、関わってくださっている皆様のおかげなので本当にありがたい限りです。

お客様はもちろん、林社長をはじめ本事業をご支援くださっている皆様、学生起業家の講師やメンター、運営スタッフの皆様、いつも温かく見守ってくださる皆様、そして全面的に協力してくれている息子にも心から感謝です。

『ジュニアビジネス留学』チャンネル開設

『ジュニアビジネス留学』のYouTubeチャンネルを開設しました!まだまだ試行錯誤中ではありますが、ぜひぜひご覧ください。

なんと第1回ゲストは、学生起業から成功された、武田塾創業者の林社長です!現役の学生起業家たちがメンターとして指導する、小中学生向けの起業教育プログラム『ジュニアビジネス留学』についても、林社長にツッコまれながら解説しています。

そして、今年6月の『ジュニアビジネス留学Online』開講後、それはもう事業計画書の通りにスムーズに事業が軌道に乗った…なんてことはなく。

さまざまな課題にぶち当たっては、PDCA(Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクル)を高速回転させながら少しずつ前に進んでいるところですが、すべてにおいて挑戦してみなければわからなかった結果で、挑戦しなければ見えなかった景色で、やっぱり挑戦してよかった!って思います。

ちょっとやそっとのことには動じなくなったので、経験値が100くらいレベルアップした気がする。笑

人生を切り拓くことができるのは自分自身

ここまでの出来事が、今年の前半のたった数ヶ月間で起こりました。今年はじめの時点では、まさか林社長が自分の番組に出演してくれて隣で撮影してるなんて想像すらできなかったけれど、そんなスピード感で人生は動き出すものです。

人生、数ヶ月もあれば、ほんの少しの勇気と自分の行動次第でいかようにも変化します!

今回は、なぜ私たち親子が『令和の虎』に出演することになったのか、一体どんな事業計画書を提出したのかなど、『令和の虎』で完全ALLを達成するまでの実録をお伝えしました。

『令和の虎』への出演を検討されている方はもちろん、なにか行動を起こしたいけど勇気がでなくて躊躇している方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。長文を読んでくださりありがとうございました!

子供の未来を切り拓く!国内留学体験でお子様の可能性を広げませんか?

\子供の教育の選択肢を増やし、一人ひとりの可能性を最大限に広げる!/

というミッションのもと、『ジュニアビジネス留学』キャンプを開催しています。

小中高生のための起業家教育×地方創生に特化した国内留学ビジネスキャンプです。

起業家精神を軸にした体験型学習プログラムで、自ら考え行動する力、コミュニケーション力、英語力、PCスキル、課題解決力など、子どもたちの「未来を切り拓くスキル」を伸ばします。

参加した子供たちの9割以上が「新しい目標、夢が見つかった!」と報告。そして保護者の皆様からも「子供の成長ぶりに驚いた」と大好評!

学校とは全く異なるアプローチで、新時代に必須のスキルを身につけ、夢を実現する第一歩を踏み出せるプログラムです。

ワクワクする体験を通して、お子様の”可能性”を広げませんか?

【小中学生・高校生サマーキャンプ2024】学生起業家メンターが直接指導!子供の可能性を広げる起業家教育×国内留学

Add friend

ジュニアビジネス留学の最近記事

  1. Experience Entrepreneurship Summer Camp 2024 …

  2. 【サマースクール】子供の未来を切り拓く!学生起業家が教える小学生・中高生向け夏休みビジネス…

  3. 【小中学生・高校生サマーキャンプ2024】学生起業家メンターが直接指導!子供の可能性を無限…

  4. ジュニアビジネス留学の新企画。この春、キャンプ同窓会「未来の社長会」を開催します!

  5. 初の京都開催も大成功!小中学生の国内留学『ジュニアビジネス留学』第8期クリスマスキャンプ開…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. ジュニアビジネス留学

    【サマースクール】子供の未来を切り拓く!学生起業家が教える小…
  2. ジュニアビジネス留学

    【小中学生・高校生サマーキャンプ2024】学生起業家メンター…
  3. フィリピン親子留学

    【2024年最新版セブ親子留学の体験談】6歳・4歳・2歳の3…
  4. ジュニアビジネス留学

    初の京都開催も大成功!小中学生の国内留学『ジュニアビジネス留…
PAGE TOP