孤独な子育てから卒業!親子で新たな挑戦をして "人生に花を咲かせたい" ママと子供たちを応援します【親子留学と国内ジュニア留学のハナサカデミア】

  1. フィリピン親子留学
  2. 4059 view

孤独な育児でノイローゼになりそうだった私。セブ親子留学で接したフィリピン人の笑顔と温かさに救われました

こんにちは。産後うつを乗り越えた親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)です。

セブ親子留学をきっかけに4年間フィリピンに教育移住をして痛感したことがあります。

少子高齢化が進み人口が減少し続けている日本と、人口ピラミッドが綺麗な三角形▲のフィリピンでは、育児に対する人々の意識が全くもって違うということです。

この記事では、孤独な育児でノイローゼになりそうだったわたしが救われたフィリピン人の染み入るような温かさと価値観についてお伝えします。

※子供が小学生までにセブ教育移住・海外子育てを経験しておくメリットについて書いた記事はこちらです。

【スポンサードサーチ】

日本人は母親を神聖化しすぎて母親を追いつめている

日本の子育てって息苦しくないですか?

何が辛いって、子育ての全責任が母親に押し付けられること。さらには母親たるもの「母親」ってだけで万能が求められること。

子供が泣いたら泣きやませなきゃダメ

近所迷惑だから家でもうるさくしないように注意しなきゃダメ

母親は自分を犠牲にして子供を第一優先にしなきゃダメ

という価値観です。

それらの神業が出来ていないと「母親のくせに」と断罪されるのが日本。

いやいや、ママだって人間です。日本人は母親を神聖化しすぎなんです。

普通の女性が赤ちゃんを出産した途端にパーフェクトウーマンに変身できるわけがない。

出産してから睡眠もままならず、自分の時間どころかトイレにゆっくり入る時間さえない24時間365日休みなしの母親業ですから。

子育ての全責任が母親にあるという日本のクソ常識

子供がグチャグチャに汚したテーブルを片付けながら、冷めきったご飯を口にかきこむのではなく、たまには美味しいご飯を温かいうちにゆっくり食べたいですよね。

でも日本だと、母親は病気や仕事などの特別な理由以外では赤ちゃんを預けづらいんです。

なぜなら、「母親たるもの、自分よりも何よりも子供を第一優先にするべき」だから。

父親は週末に少し育児に関わるだけで、「育児を手伝う良いパパ」、「イクメン」なんて言われたりします。

「手伝う」ってまるで第3者みたいな響きだけど、父親だって母親と同じ責任を負う当事者ですよね?

逆に、母親が育児そっちのけで仕事に没頭したり、「仕事の付き合い」と称して連日深夜までお酒を飲んだり、子供のしつけにまるで無関心で放置をしていたらどうでしょうか?

まるで犯罪者を見るような白い目で見られます。

しかし父親が同じことをしても全く問題ないのは、日本では子育ての全責任が母親にある、というクソ常識があるからです。

そんでもって子供が問題を犯すと、真っ先に母親が断罪されるんです。高畑敦子さんの謝罪会見での断罪っぷりがまさにその象徴ですね。

日本のクソ常識に捉われていた自分自身に気づけた

何でもかんでも完璧主義の日本では、間違いが許されない空気があります。

もちろん完璧なサービスを受ける分には最高なのですが、その分、自分もあらゆることで完璧を求められることになります。

それが子育てになると、とにかく苦しい。なぜなら完璧な育児なんてありえないからです。

セブに4年間ほど親子留学から教育移住をして、他の誰でもないわたし自身が、そんな日本式の思考に支配されていたということに気づきました。

完璧な育児が出来ていないこと、理想の母親像のようになれないことを誰よりも責めて自分を追い詰めていたのは、クソ常識に捉われていた自分自身だったのです。

セブ親子留学でフィリピン人の笑顔と温かさに救われた

フィリピン人は他人の間違いや失敗に寛容です。もちろんインフラサービス等について言えば不便な点は多々ありますが、逆にそのゆるさが楽な時もあります。

わたしの場合、自分に甘く他人にも甘いフィリピン人を参考にしてみたら、育児がめっきり楽になりました。

また、セブを含めフィリピンでは「みんなで子供を育てる」という意識が強い。家族はもちろん、親戚も近所の人も、お互いに協力しあって家事や育児の責任を共有するのが「当たり前」なのです。

フィリピン人はみんな子供が大好き。近所の人どころか、街で偶然出会った人など、赤の他人がまるで自分のことのように積極的に手を差し伸べて、満面の笑顔で育児に協力してくれます。

日本では子連れの外出はとっても大変ですが、セブではむしろ子連れの方が外出しやすく感じるほど。

電車に乗るなり「子連れは迷惑だから降りろ」と初対面のおじさんから怒鳴られるという日本の子連れ地獄を味わってきたわたしにとって、セブはまさに子連れ天国でした。

未熟な我が子も完璧ではない自分の育児も、すべて社会から肯定されているような安心感

不完全な自分も、まだ未熟な我が子も、さらには完璧ではない自分の育児も、社会から肯定されているような安心感があります。

どのくらいの安心感かというと、娘が深夜に熱を出して夜泣きをした時、隣の家のおばちゃんが心配して駆けつけてくれて、大泣きの娘を交代で抱っこしてくれた程のレベル。

日本のマンションに住んでいた頃は「子供の泣き声がうるさい」って苦情が来ないか、虐待の疑いで通報されないかって心配するのが関の山でした。

加えて、旦那は仕事が多忙でほぼ単身赴任状態、実家も近くないという環境の中、毎日24時間1人で育児をしてきました。

孤独育児でノイローゼになりそうだったわたしにとって、フィリピン人の優しさは、心の中の氷のような古い常識を全て溶かしてしまうくらい温かく、嬉しかったです。

* * * * *

2児の母であるわたしが親子留学先、移住先にフィリピンのセブを選んだ理由について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

子育て中のあなたが活躍できるコミュニティ、一緒につくりませんか?

ママが輝く時代へ!親子で新しい挑戦をして人生の可能性を広げたいママのための、ママ限定サロンを開設します。

同じ思いを持つサロンメンバーと共に新たなチャレンジを楽しみ、助け合いながら、親子で成長できる学びのサロン。孤育てやワンオペ育児に奮闘しているあなたが輝くための「挑戦」を全力で応援するコミュニティです。

ハナマルサロン開設までの波乱万丈なわたしの人生とサロンにかける溢れる思いを記事にまとめたので、もしよかったら読んでください。

孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママのための『人生を変える』ママ限定コミュニティ、いよいよ始動

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

ハナマルサロン代表。シングル育児中の親子留学カウンセラー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

フィリピン親子留学の最近記事

  1. コロナショックでセブ留学業界が壊滅的打撃!フィリピン政府の都市封鎖スピードが早すぎて死にま…

  2. 【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学プログラム【費用詳細公開】

  3. フィリピンで髪を切って失敗した人に朗報!セブの日本人経営の美容サロンでおしゃれヘアカットが…

  4. 空港で搭乗手続きの待ち時間が長すぎる!楽々簡単に済ませるオンラインチェックインのやり方を解…

  5. 【東南アジアの現実】フィリピン留学で日本の常識を突き破る経験をすると何事にも動じなくなりま…

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集記事

  1. 国内留学キャンプ

    【国内留学】新たな時代を生きる小中学生のためのジュニアビジネ…
  2. 子育てブログ

    子育てママの応援ソング『小さな翼』誕生の背景と歌詞、MVを大…
  3. コーチング

    【口コミ体験談】パーソナルコーチング1回目のセッションをした…
  4. 子育てブログ

    孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママの…
PAGE TOP