セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 3144 view

小学校の卒業式。少しずつママの手から離れ、自分の羽ではばたこうとするあなたへ。

赤ちゃんの頃から人見知りが激しく
児童館や公園など、どこへ行っても
私の足にしがみついて離れなかった息子。

そんなあなたが、
今では自分の力で友達の輪を広げ
自分の夢を描き、羽ばたこうとしています。

とうとう迎えた息子の小学校の卒業の日。

小学校最後の授業参観で、心がこもった手紙をくれたあなたに
今度はママからの手紙を送ります。

息子からの手紙について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

img_0713

【スポンサードサーチ】

息子へ

あなたの命がママのお腹の中に芽生えたと知った時
ママとパパは手を取り合って喜びました。

あなたがこの世界に生まれ、はじめて抱きしめた時
ママは痛みと嬉しさでいっぱいの涙を流したことを覚えています。

パパと家族として過ごせる時間があまりなく
頼りないママひとりの子育てのなかでは
寂しい思いをさせてしまったと思います。

本当にごめんなさい。

でも、どうか覚えていて。

あなたは家族みんなに望まれて、祝福されて生まれてきたということを。

あなたがはじめて寝返りをうった時
はじめてハイハイをした時
はじめて両足で立ち、一歩を踏み出した時

そして、はじめて「ママ」と言ってくれた時
あなたは溢れるほどの感動をママに与えてくれました。

あなたのアトピー性皮膚炎が酷く、血が出るほど体をかきむしり続けた時
3才児検診で「不同視弱視」という障害がわかった時
分厚い眼鏡にアイパッチを装着して幼稚園に通うあなたが、仲間外れにされて泣いた時

ママは胸が張り裂けそうな思いで、自分の無力さを呪いました。

これからどんな壁にぶつかり
どんな困難に打ちのめされ、人生に迷うことがあっても

どうか忘れないで。

あなたはたくさんの喜びと幸せをママの人生に運んできてくれたということ
あなたがこの世界にいるだけで、ママは果てしないエネルギーが満ちてくるということ
あなたはかけがえのない尊い存在であるということを。

たとえどんなに大きな失敗をしたとしても
ママは絶対にあなたの味方でいるということを。

あなたが生まれて、12年の間
その可愛さと愛おしさと日々の成長の感動で
あなたにはもう一生分の親孝行をしてもらっています。

ママはもうたくさんの幸せを与えてもらっているから
あなたはその分もっともっとママに迷惑をかけても大丈夫。

あなたがどんな道を選び、どんな人生を歩んでも
ママはずっと応援しているから

ママの力が必要な時は、いつでも甘えること。

そして、自分の夢に向かって、あなたの人生を思いきり生きてください。

卒業おめでとう。

17498856_1270137143076390_2275995477389116400_n

* * * * *

子供から親への深い愛情について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. N高へ行きたいという子供を否定する親へ伝えたいこと。突き抜けた考えや行動ができることは素晴…

  2. 子供の飛躍的な成長のために親ができることは?子供が好きなことに熱中できる環境作りのために実…

  3. 【東京観光おすすめスポット紹介】オーストラリア留学時のホストファミリーが日本旅行に来たので…

  4. 通勤片道2時間フルタイム会社員ママブロガーのライフハック!事実離婚シングルマザーのライフス…

  5. 育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP