孤独な子育てから卒業!セブ親子留学からフィリピンに教育移住して"人生に花が咲いた"母と子。子供の可能性を広げるために挑戦し続けるワーママの体験ブログ

  1. フィリピン親子留学
  2. 2109 view

【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学プログラム【費用詳細公開】

こんにちは。子供の笑顔のためにはママが笑顔でいることが一番!と開き直って好きなお仕事に全力投球しているセブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)です。

2012年、2ヶ月間のフィリピン親子留学からそのまま4年間移住し、帰国後もたびたび出張で訪れている大好きなセブ。

2019年2月まる1ヶ月間の出張から帰国してすぐ、次のセブ出張日程を事前に公開して「はなツアー」を開催すると宣言したわたし。

こうして「近藤英恵と行く!セブ親子留学プログラム」を企画して、実現することができて本当に嬉しいです。

親子留学に行きたいとは思っているけれど、

●はじめての子連れ海外渡航に不安を感じている方
●いつか行ってみたいと思いつつ機会を逃している方
●プロの親子留学カウンセラーと一緒に留学したい方

一緒にセブ親子留学へ行きませんか?

この記事では、近藤英恵と一緒に行くセブ短期留学ツアーなど、親子留学の費用詳細を公開いたします!

【スポンサードサーチ】

「はなさんがいるなら100倍安心です!」という言葉が嬉しかった


はじめて小さな子供連れで海外へ行く方は、親子留学に対する不安がかなり大きいです。

わたしの前回の出張と親子留学の日程が偶然重なったママさんに、「はなさんがいるなら100倍安心です!」という言葉をもらえたことが最高に嬉しかったので、次回のセブ出張は日程を公開しようと決めました。

現在は親子留学カウンセラーとして留学プランのカウンセリングから出発前までのサポートを担当していますが、わたし自身がセブ留学中もサポートすることでママさんに安心していただけるなら、ぜひ一緒に行きたいって心から思います。

前回の海外出張体験をもとに「はな特別企画プログラム」を企画することを決めた理由の詳細はこちらです。

親子留学の現地サポート力においてわたしは誰よりも自信がある


わたしは数日のみの弾丸出張ですが、初日だけでもアテンドできたらたくさんのセブ情報を共有できると思います。

親子留学は現地サポートの内容と質によって生徒さんの満足度に雲泥の差が出ますし、親子留学の現地サポート力においてわたしは誰よりも自信があります。

子供2人を連れてセブ親子留学後、母子で4年間のフィリピン教育移住をした経験があり、現地語学学校で働きながら日本人約2,000人の現地サポートをしてきたからです。

わたし、近藤英恵の詳細プロフィールはこちらです。

近藤英恵と行くセブ親子留学プログラム

セブ親子留学の日程

■出発日
第1回:2019年6月23日(日)
第2回:2019年10月13日(日)
第3回:2019年12月1日(日) ⬅New!

■帰国日
最終週の土曜日
(※1週間〜週単位でご留学の週数をお選びいただけます)

セブ親子留学の学校、クレドキッズ


はじめての親子留学におすすめなセブ島唯一の親子留学専門校、Kredo Kids。

日本人の親子が生活しやすいように設計された語学学校なのでママも子供もストレスなく過ごせる環境です。

お子さんの対象年齢は0歳(生後6ヶ月)からOKで、年齢別に沿ったカリキュラムで音楽やアクティビティなどを通して楽しく英語を学びます。

ママさんは1日3~6時間マンツーマン中心の授業コースを選ぶことができ、旅行会話や自己表現、TOEIC対策、ビジネス英語など、目的別に英語力の向上を目指していきます。

子連れでセブに移住している日本人のママさんスタッフが2名常駐しているのも、安心ポイントです。

【学校情報詳細】
学校名:Kredo Kids(クレド キッズ)
住所:6F, MSY tower, Pescadores Road, Cebu Business Park , Cebu City, Philippines 6000
地図:https://goo.gl/anH1tB
学校HP:https://www.mama-kids.com

セブ親子留学の滞在先コンドミニアム


日本資本の語学学校なので学校/滞在先ともに日本人スタッフが常駐しており、24時間体制のセキュリティーが整っています。

徒歩圏に生活のすべてが揃っている、セブで最も先進的で安全なエリアに立地しているハイクラスのコンドミニアムに滞在します。

学校まで徒歩6分。わずか180メートル以内にセブ最大級の巨大ショッピングモールもあるので日常生活に困ることはありません。

【コンドミニアム情報詳細】
コンドミニアム名:Solinea Resort Condominium
住所:Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Philippines 6000
地図:https://goo.gl/ouVzZN
HP:https://www.alveoland.com.ph/condominium/cebu/solinea

セブ親子留学の費用


フィリピン留学は、アメリカ・イギリスなどの欧米圏への留学と比べて費用を半分以下に抑えられるコストパフォーマンスの良さが最大の魅力。

さらにKredo Kidsの留学費用には、シッター兼家政婦による保育・炊事(買い出し含む)・掃除・洗濯費用も含まれています。

■学校費用
ご希望に応じて授業プランを選べますが、一例として親子2名で以下のコースを選んだ場合の費用概算を紹介します。

●ママ:ライトプラン(マンツーマン3コマ)/9時〜12時
●お子様:ハーフデイコース(キッズグループ3コマ)/9時〜12時
●シッター兼家政婦:8時〜17時(1時間の休憩含む)
●公園付きコンドミニアム1ルーム滞在

下記は秋のSNSキャンペーン割引価格となります!

1週間留学の場合:196,900円(10,000円割引)
2週間留学の場合:248,900円(20,000円割引)
3週間留学の場合:300,900円(30,000円割引)
4週間留学の場合:343,000円(40,000円割引)

※もっとしっかり授業を受けたい方や5週間以上の留学をご希望の方は、個別にご相談ください。

上記費用には、入学金(2名分)+授業料(2名分)+コンドミニアム1ルーム滞在費+滞在先光熱費+シッター兼家政婦代+空港お出迎え費用+Wifi費用が含まれています。

■その他にかかる費用
☑航空券費用:購入されるタイミングにより価格は変動します。費用は大体1人あたり往復4万円~7万円くらいかと思います。

☑海外旅行保険費用:保険会社により様々です。(大手保険会社で1週間〜3週間で7千円〜2万円前後)
クレジットカードの付帯保険を利用される場合は、あらかじめカード会社に保障内容をご確認ください。

☑現地生活費:食費、アクティビティ代金、お小遣いなど

■現地で支払う費用
Special Study Permit(特別勉強許可証)申請費用:1人あたり6,800ペソ(約14,280円)

※30日以内(4週間以内)の滞在であれば、滞在ビザの申請費用は必要ありません。

近藤英恵と行くセブ親子留学プログラム参加者募集!


セブ親子留学の現地サポート力において私は誰よりも自信があります。

親子留学に行きたいとは思っているけれど、はじめての子連れ海外渡航に不安を感じていたり、いつか行ってみたいと思いつつ機会を逃している方、この機会にわたしと一緒にセブ親子留学へ行きませんか?^^

ご興味がある方は、詳細についてこちらからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

* * * * *

セブ親子留学、子連れ移住をする家族は知らないと損!超お得なフィリピン有名ホテルの年間会員制度について書いた記事はこちらです。もしよかったらお読みください。

子育て中のあなたが活躍できるコミュニティ、一緒につくりませんか?

ママが輝く時代へ!親子で新しい挑戦をして人生の可能性を広げたいママのための、ママ限定サロンを開設します。

同じ思いを持つサロンメンバーと共に新たなチャレンジを楽しみ、助け合いながら、親子で成長できる学びのサロン。孤育てやワンオペ育児に奮闘しているあなたが輝くための「挑戦」を全力で応援するコミュニティです。

ハナマルサロン開設までの波乱万丈なわたしの人生とサロンにかける溢れる思いを記事にまとめたので、もしよかったら読んでください。

孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママのための『人生を変える』ママ限定コミュニティ、いよいよ始動

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

ハナマルサロン代表。シングル育児中の親子留学カウンセラー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

フィリピン親子留学の最近記事

  1. コロナショックでセブ留学業界が壊滅的打撃!フィリピン政府の都市封鎖スピードが早すぎて死にま…

  2. 【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学プログラム【費用詳細公開】

  3. フィリピンで髪を切って失敗した人に朗報!セブの日本人経営の美容サロンでおしゃれヘアカットが…

  4. 空港で搭乗手続きの待ち時間が長すぎる!楽々簡単に済ませるオンラインチェックインのやり方を解…

  5. 【東南アジアの現実】フィリピン留学で日本の常識を突き破る経験をすると何事にも動じなくなりま…

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集記事

  1. 子育て・育児について

    孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママの…
  2. 子連れで海外移住

    DVモラハラ夫から逃げろ!4人の子供を連れてセブ親子移住した…
  3. ワーママ・子育て中の働き方

    大チャンス!オンライン化が進む新しい時代に子育て中のママが活…
  4. 子育て・育児について

    子供の才能を見つけて最大限に伸ばす方法。全国英検IBA試験で…
PAGE TOP