セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 22781 view

一生のうちで親子が一緒に過ごせる時間は9年。親と子が直接愛情を伝えられる時間は想像以上に短い

親と子が一緒に過ごせる時間のありがたさを感じるとともに、この先後悔することのないように、今この一瞬一瞬を大切に生きたいと強く思った話があります。

先日、尊敬する女性経営者であり2児の母親である友人が主催する子育てサロンに参加しました。

日本有数の経営者の自宅で開催されたサロン。やはりプラスのエネルギーが高い方の周りには、前向きでパワフルな人達ばかりが集います。素敵なママさん達との出会いに感謝です。

10組の親子が参加し、子育ての失敗談や悩み相談だけでなく、それぞれの家庭で子供の教育について取り組んでいることや有益な情報を共有することができて、とても勉強になりました。

その際に心に残ったお話があるので、紹介いたします。

【スポンサードサーチ】

親と子が一緒にいられる時間


親子が一緒に過ごせる時間は、生涯を通して約9年間だそうです。

特に働く母親や父親にとって、子供と一緒に泣いたり笑ったり話をしたりできる時間というのは、睡眠時間や勤務時間、通勤時間を除いた時間となり短くなります。

子供が保育園児などの未就学児童の頃は、24時間−(平均的な未就学児の睡眠時間10時間+昼食休憩を含めた勤務時間9時間+平均的な往復通勤時間2時間)=3時間。平日は、1日のうち子供と過ごせる時間は3時間ということです。

休日は睡眠時間以外ずっと一緒に過ごすとして14時間ですが、未就学児の習い事の平均は週1〜2回なので、14時間−(習い事にかかる1時間)=13時間となります。

週休2日間と仮定して両者を合算すると、1週間の合計時間は41時間。1年間は52週間あるので、41時間×52週間=2,132時間(=約88日)です。

つまり、1年間の24%である88日分しか一緒に過ごすことが出来ません。

子どもが成長していくにつれて、一緒に過ごせる時間はわずかとなる


子供が小学生、中学生、高校生と成長していくにつれて、ますます一緒に過ごす時間は減っていきます。

生涯で親子が一緒に過ごせる9年間のうち、小学校へ上がるまでに35%、小学校を卒業するまでには55%を使ってしまい、高校を卒業したら70%まで使ってしまうそうです。

私は、親子の時間の過ごし方は、量より質が大事だと思っているので、親子で一緒に過ごせる時間が少ないこと自体を「悪い」という見方はしません。ただ、純粋に、親子で一緒に過ごせる時間は本当に貴重だなぁと感慨深く思います。

乳児の頃など、24時間の子育てが心身ともにしんどい時期は、その大変さや親子で密着する時間が永遠につづくような錯覚にとらわれてしまいます。しかし、親子で過ごせる時間には、必ず終わりが訪れます。

あと何日、親子で過ごす時間が残されているのか


子供が社会人となり親元を離れたら、親子で顔を合わせるのは1年のうち数日程度という人も多いでしょう。

ある大学教授によると、親と別居している場合、一緒に過ごせる残りの時間は次のように計算できるそうです。

1年間のうち親と会う日数はお盆やお正月などの6日間程度、1日あたり親と接する時間を4時間とすると、1年で親と一緒に過ごす時間(4時間×6日間)=24時間となります。

つまり、親子に残された時間は、親の余命年数×1日となるのです。例えば、父親が現在65歳で平均寿命の80歳まで生きるとすると、父親の余命年数は15年です。余命年数が15年の場合、あと15日しか、親と接することはできないという計算になります。

もちろん、親元を離れても近くに住んでいたり、遠くに住んでいても頻繁に帰省していれば、もっと親と過ごせる時間は増えます。個人の事情により差はありますが、それでもこの計算により導き出された親子で過ごせる時間の短さは衝撃でした。

親と子が直接愛情を伝えられる時間は想像以上に短い


親子で過ごせる時間が短いということは、自分の親に孝行できる時間は限られているということであり、自分の子供に直接愛情を伝えられる時間も限られているということです。

あらためて、親と子が一緒に過ごせる時間のありがたさを感じるとともに、この先後悔することのないように、今この一瞬一瞬を大切に生きたいと強く思います。

以上、セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)でした!

* * * * *

これからの未来では親子ともに「今」が一番若いので、このチャンスに親子の思い出写真を撮ろうと決意。セブ島親子撮影の詳細について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. N高へ行きたいという子供を否定する親へ伝えたいこと。突き抜けた考えや行動ができることは素晴…

  2. 子供の飛躍的な成長のために親ができることは?子供が好きなことに熱中できる環境作りのために実…

  3. 【東京観光おすすめスポット紹介】オーストラリア留学時のホストファミリーが日本旅行に来たので…

  4. 通勤片道2時間フルタイム会社員ママブロガーのライフハック!事実離婚シングルマザーのライフス…

  5. 育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP