孤独な育児でノイローゼになりそうだった私。親子留学で接したフィリピン人の優しさに救われました。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子育て・育児について
  2. 305 view

「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない。世界で働く女性の生き方について講演をさせていただきました。

これから社会に羽ばたく若い女性たちには、女であるが故の逆境や妊娠・出産などの人生の岐路に立たされた時、それだけを理由に夢を諦めないで欲しい。

例えば、「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんて、本当はありません。日本では非難される母親の行動が、他国では賞賛されることもあります。

視野を広げると、人生の選択肢はぐんと増えるのです。

今年、神奈川県にある外語ビジネス専門学校で講演をさせていただきました。講演のテーマは「世界で働く女性の生き方」について。

女子学生が多いため、女性の働き方について授業をして欲しいと、お声をかけていただいたからです。

10代〜60代の生徒さんを前に、ドキドキしながらも楽しく講義をさせていただきました。素晴らしい機会を得られたことに感謝です。

男によって人生を狂わされることのないような女性たちを育てたい

外語ビジネス専門学校は、英語コミュニケーション学科や貿易・航空学科、グローバルメディア・ICT学科などがあり、語学力とITスキルを磨いてグローバルに活躍できる人材を輩出するビジネススクールです。

当校の先生の以下の言葉に心から共感し、講演をお受けしました。

当校は女子学生が多い。変な言い方かもしれませんが、私は、男によって人生を狂わされることのないような女性たちを育てたい。

今年11月に発表された世界の男女平等ランキング(The Global Gender Gap Report 2017)では、日本は114位で昨年111位から3つ下がり、過去最低の記録を更新しました。先進国の中で、日本はズバ抜けた最低水準です。


(参考:The Global Gender Gap Report 2017 -Japan-

女性の地位を示す各分野の指数をみると、2017年の日本の「男女格差指数」は114位、「経済活動への参加と機会」は114位、「教育機会と学力」は74位、「健康と生存率」は1位、「政治的な権限」は123位となっています。問題は、経済や政治などの分野における女性の社会的地位が格段に低いということです。


(参考:The Global Gender Gap Report 2017

男女平等ランキングの上位国をみると、1位アイスランド、2位ノルウェー、3位フィンランドと続き、北欧諸国が目立ちます。アジアではトップとなるフィリピンが10位にランクインしていることは、フィリピンに4年間母子移住していた私としても納得です。

G7(先進7カ国)では、フランスがトップで11位、ドイツ12位、イギリス15位、カナダ16位、アメリカ49位、イタリア82位と続き、日本はぶっちぎりの最下位(114位)です。相次ぐ凄惨なレイプ事件が世界の注目を浴び、根深い女性差別が問題となっているインドは108位、日本はさらに下位なのです。

「一億総活躍社会」をスローガンに女性活躍をうたいながらも、いまだに男尊女卑の思想が根強く残っている日本では、激しい男女格差があるという現実を見事に表しています。

そして、激しい男女格差があるということは、男性に依存せざるを得ない女性たちを生み出します。男性中心の日本社会では、良いパートナーに巡り会えるかどうかが多くの女性の人生を本当に大きく変えてしまうのです。

素晴らしい夫と添い遂げることができたら最高ですが、残念ながら離婚をすることになった場合、大半の女性の生活は大きく揺さぶられます。それはシングルマザーの貧困率が問題になっていることからも明らかです。

逆にいうと、離婚したくてもその決断ができずに我慢をしている女性たちの最大の理由は、経済的な問題です。

テレビや雑誌などで話題となった 旦那デスノート というWebサイトに愚痴を書き込む妻たちのように、旦那に死んで欲しいと思うほど辛い夫婦生活でも離婚せずに我慢をしている女性たちもいるのです。

私のブログ経由のお問い合わせでも、旦那さんのDVや モラル・ハラスメント に苦しんでいる女性からのご相談をたくさんいただきます。

「耐えてはいけない苦しみ」は耐えないで

苦しみには2種類あるといいます。ひとつは耐えていい苦しみ、もうひとつは耐えてはいけない苦しみです。

耐えていい苦しみは、耐えることで前に進むことができる時。耐えてはいけない苦しみは、耐えても現状が何も変わらない時です。

例えば、受験勉強の苦しみは、耐えて頑張れば合格してもしなくてもその先のステージに進めますが、モラハラやDVの苦しみは耐えても何の進歩もありません。「耐えてはいけない苦しみ」は耐えないで。耐えちゃダメなんです。

もし「耐えてはいけない苦しみ」に耐え続けてしまっている状況にあるとしたら、それは洗脳されている状態に近いです。勇気を出してご自身の環境を変え、客観的に自分の状況を見れるようにしてください。

一時的にはより辛く感じるかもしれませんが、しばらくするとそれまでの自分はなんだったのかと思うほど吹っ切ることができます。

「耐えてはいけない苦しみ」の元凶を断ち切ると、驚くほど人生が楽しくなり、たわいもない日常生活がキラキラと輝き始めます。

私はそんな実体験があるからこそ言いたい。女性たちには自分自身の力で人生を切り開いていける力を持っていてほしい。

「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない


外語ビジネス専門学校での講演では、専業主婦だった私がどのようにして海外就職をしたのか、母子で海外移住をしてセブの語学学校を立ち上げ、約2,000人の留学生をサポートしてきた経験などをお話させていただきました。

一生懸命に取り組んだすべての経験は未来に繋がります。専業主婦時代にクックパッドに料理レシピを投稿し続けたことで、セブの語学学校から料理の仕事の依頼が来た私の経験について書いた記事はこちらです。

これから社会に羽ばたく若い女性たちには、女であるが故の逆境や妊娠・出産などの人生の岐路に立たされた時、それだけを理由に夢を諦めないで欲しい。

例えば、「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんて、本当はありません。日本では非難される母親の行動が、他国では賞賛されることもあります。

視野を広げると、人生の選択肢をぐんと増やせるのです。

これからも、若者から子育て中のママさん達など、講演だけでなく様々な形で応援できたら嬉しいです。

* * * * *

世界には母親が輝ける国があるということを知ってほしい。私がセブ島親子留学で感じた、日本とフィリピンの子育て環境の違いについて書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子育て・育児についての最近記事

  1. 毒親に育てられたために苦しんで生きてきたあなたへ伝えたいこと。

  2. 未来教育指数で世界1位ニュージーランドの小中学高校教育を視察!今の子供たちに将来必要となる…

  3. セブ島ITジュニアキャンプの短期留学効果って?中学2年の息子の英語スピーチとITスキルを公…

  4. 子供の愛情を一身に受けることができる幸せ。ワンオペ育児でもシングルマザーでも、どんな状況も…

  5. 小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教育移住・海外子育てを経験してお…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村