セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. フィリピン親子留学
  2. 868 view

フィリピンでのインフルエンザ療養生活。セブで病気になって寝込んだからこそ学んだこと

わたしたちは健康だからこそ自由に動くことができる、というありがたさを忘れずに。

自分の身体を大事にしながら、その上で毎日を精一杯生きていこうと、今回のセブ滞在で誓いました。

【スポンサードサーチ】

失ってはじめてわかる健康の大切さ

2018年2月22日〜3月1日、ずっとワクワク楽しみにしてた1週間のセブ出張、兼社員旅行で、1週間ほぼ寝込んでました。。。涙

ご迷惑をおかけした皆さま、すみません。気遣ってもらうたびに優しさが深くしみて、大きく勇気づけられたので、感謝の気持ちでいっぱいです。

到着日から関節痛と熱っぽさを感じながらも、フライト疲れかなぁなんて思っていたら、アップダウンを繰り返しながら急激に悪化。全身の痛みと40°近い発熱に苦しみ、「わたし、いま無理したら死ぬかもしれない」と現実味を帯びて感じたあの感覚は忘れることができません。

日本の家族が同時期に次々とインフルエンザを発症していることから、インフルエンザ確定だろうとのこと。大人になってから3回ほどインフルエンザを体験しましたが、ダントツで一番しんどかった…。

「健康第一」って、こんなに強く感じたことはないです。

健康を大きく損ねると、体力はもちろん、思考力も気力もなんにもなくなって、しばらく何もできなくなるから。

何事もそうですが、やはり失ってみてはじめてその大切さがよくわかるものです。

ホテルのサービスに救われたセブでのインフルエンザ療養生活

セブのホテルにはホテルナースが常駐しているので、受付に電話をすると看護師さんがお部屋まで来てくれて、熱を計ってくれたり薬を処方してくれます。今回、夜間でも看護師さんが対応してくれて本当に助かりました。

ちなみに、セブ親子留学中に体調を崩した場合は、ほとんどの学校の寮、もしくは滞在先のコンドミニアムまで医師が往診に来てくれます。

セブの総合病院にはジャパニーズヘルプデスクがあるため、医療通訳をしてくれる日本人スタッフも同行してくれるので安心です。とくに英語初心者の方が海外で体調を崩した際、こうしたサポート体制が整っているかどうかは重要です。

ホテルのサービスの余談をもう少しお伝えします。

今回のホテル滞在中、私は朝食ビュッフェに行く体力も気力もなかったため、食事や水分補給はほぼルームサービスで済ませたのですが、徐々に回復してきて「アジアン・ヌードルスープ」を注文した時のこと。

「ビーフ?チキン?それともシーフード?」と聞かれ、「シーフード」と答えた私。「OK、シーフードね!」と電話越しに元気よく復唱してくれた受付の方。

それからしばらくして、お部屋に届いたアジアン・ヌードルスープの具はがっつりチキンでした。フィリピンあるあるだなぁと、まるで始めからチキンをオーダーしたかのように受け流しましたが(笑)

セブ島にいると、チキンのスープだろうが、シーフードのスープだろうが、まったく別のものが出てこようが、大した問題ではないと思えるから不思議です。

フィリピン人ベビーシッターは永遠の家族


最後に、今回のセブ滞在でとても嬉しかったこと。フィリピン親子留学&移住時に雇っていたベビーシッター2人が、私が宿泊したホテルまで会いに来てくれました。

3年半以上に渡って息子と娘のシッターとして働いてくれて、一緒にいろいろな壁を乗り越えてきた2人です。

わたしと子供達にとって、母であり、姉妹であり、友人であり、永遠の家族。

毎回この2人と再会するたびに、抱き合いながらお互いに泣いてしまいます。体調がひどくなる前に会えて、たくさん話ができて、本当に良かったです。

セブで病気になって寝込んだからこそ学んだこと

もっと会いたかった人も、行きたかった場所もいっぱいあったものの、今回ほとんど動けなかったのは残念でしたが、身体がしんどかったからこそ学ぶこともあったので、終わり良ければすべて良しかな。

ついつい自分の実力以上のものを求めるばかりに、めいっぱい背伸びして無理をしつづけてきたことを反省。ダメな部分も含めてありのままの自分自身を受け入れようと決めました。

わたしたちは健康だからこそ自由に動くことができる、というありがたさを忘れずに。

自分の身体を大事にしながら、その上で毎日を精一杯生きていこうと、強く強く思います。

以上、セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)でした!

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

フィリピン親子留学の最近記事

  1. 空港で搭乗手続きの待ち時間が長すぎる!楽々簡単に済ませるオンラインチェックインのやり方を解…

  2. 【おすすめ英会話レッスン3選】家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法

  3. 【東南アジアの現実】フィリピン留学で日本の常識を突き破る経験をすると何事にも動じなくなりま…

  4. シングルマザーだって子供の可能性を諦めない!セブ親子留学/移住/起業を考えている女性限定の…

  5. 【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加者大募集!【費用詳細公開】

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP