セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子連れで海外移住
  2. 1150 view

セブに移住、または長期で親子留学をする家族にオススメ。フィリピン有名ホテルの年間会員制度。

これからセブ島に長期滞在をする方は、ホテルのデイユースと会員制度を上手に利用して、ぜひセブ生活を120%満喫してください。

フィリピンのセブにはたくさんのリゾートホテルがあります。「デイユース」というホテル日帰り利用プランは、セブ在住者や留学生に人気が高くて有名ですが、「月会員」「年会員」という制度は知らない人が多いです。

セブに長期で滞在するんだったら、ハッキリ言ってホテル会員制度を知らないと損です。

我が家の場合、セブ在住2年目に子供2人がマリバゴ・ウォーターのキッズ会員になり、3年目は親子でシャングリラ・リゾートの年会員になりました。どちらのホテルにも一長一短があるので比較して紹介します。

これからセブに移住、または長期で親子留学をする方は、参考にしていただけると嬉しいです。

1. アジアン・リゾートの雰囲気が満喫できるマリバゴ・ブルーウォーター

392961_424556700967776_1523182579_n
マリバゴ・ブルーウォーターは、なんと1,500ペソ(約3,300円)のキッズ会員制度を利用すれば、1年中いつでも家族みんなでホテルのプライベートビーチ&プールが楽しめます。

※デイユース料金(ランチ付き)は、大人:月~木曜1,700ペソ(約3,800円)、金~土日・祝日2,000ペソ(約4,400円)、子供:6〜11歳半額、5歳以下無料です。

子供用プールや滑り台などの遊具、子供が走り回って遊べる公園のような一角もあり、子連れ家族に嬉しいホテルです。毎週小さなサメに餌を上げるショーがあったり、プライベートビーチからは小さなボートで向こう岸の小さな島に渡れたりします。

581204_269461146477333_1290348022_n
キッズ会員の子供1人につき大人2人まで保護者として入場が認められています。つまり、子供1人を会員にすれば、1年間、親子3人でホテル施設を一緒に利用できるのです。

うちは子供2人が会員になっていたので、週末はベビーシッターや友人を連れてマリバゴ・ブルーウォーターの施設を楽しむことができました。

482222_424556720967774_749307145_n
ホテル側からすると、子供と一緒に複数の大人が来てくれれば、お昼ごはんを食べたり、ドリンクを飲んだりとホテルにお金を落としてくれるので、それだけで売上が上がるからOKというシステムです。

580626_424556630967783_1298441249_n
申し込みと同時にもらえる盛り沢山のプレゼント。Tシャツ、イルカのぬいぐるみ、水筒など、これだけで3,000円分くらいありそうな気がします。さらに、毎回この水筒を持参すれば、キッズドリンクが無料です。

480984_424556597634453_1283417459_n
毎日、子供向けに日替わりのアクティビティも開催されているので、セブ長期滞在のお子様連れご家族にはかなりお勧めです。

2. 最高のサービス、品質、規模を誇るシャングリ・ラ・リゾート&スパ

199962_350697585020355_1399793337_n
シャングリラのキッズ会員は、3,150ペソ(約6,700円)で、1年間、室内キッズパークのアドベンチャーゾーンのみいつでも利用できます。

※デイユース料金(ランチビュッフェ付き)は、大人:平日3,600ペソ(約8,000円) 土日祝4,600ペソ(約10,200円)、 子供:平日1,800ペソ(約4,000円) 土日祝2,600ペソ(約5,800円)です。

セブ最高級の5つ星ホテルに毎日自由に出入りできるというのは大きな魅力です。シャングリラの室内キッズパークは、室内といっても2階まで吹き抜けになっていて、ロング滑り台や大きなアスレチック、ヘルメットをつけて急降下する大型遊具など、セブで一番充実している施設となっています。

cebu4-7
年会費60,000ペソ(約133,400円)の大人の会員は、ホテルの敷地内にあるセブ最高級のプール、プライベートビーチ、テニスコート、フィットネスジム、サウナ、温泉みたいなジャグジー付きシャワールームなどが毎日利用できるので、まるで楽園に住んでいるようです。

k41
1年もセブに滞在しないという人は、月会員になることもできます。月会費は15,000ペソ(約33,300円)くらい。年会費に比べると割高ですが、1泊の宿泊費が35,000円くらいすることを考えると、1ヶ月間自由にホテルの施設が利用できてこの価格というのはお得です。

さらに、世界で名高いシャングリラのCHIスパが最大50%割引で利用できます。私は、自分の誕生日祝いに利用しましたが、ものすごく贅沢な空間でお姫様気分を味わうことが出来ました。

cebu-mactan-shangri-la-resort-6_842
セブ移住1年目に、両親と兄妹、甥っ子、姪っ子あわせて7人がセブ旅行に来てくれた時、みんなで宿泊したのもシャングリラホテル。セブではどのホテルが一番オススメかと聞かれたら、私はやはり「シャングリラ」と答えます。

253116_350697335020380_1023529684_n
60歳を過ぎた両親も南国のビーチを満喫していて嬉しかったです。

シャングリラのプライベートビーチ周辺の海域は海洋保護区になっているため、色とりどりのお魚がたくさん泳いでいます。セブ中のホテルを探しても、シャングリラ以上に綺麗なビーチはありません。

ボートに乗って離れ小島に行けば透き通るように美しい海に出会えますが、アイランドホッピングをしないでセブの海を楽しみたい方は、迷わずシャングリラに行きましょう。

セブでアイランドホッピングに行くなら絶対に訪れるべきオススメの島ランキングの記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

しかし、キッズ会員は室内キッズパークのみの利用に限られています。親子で一緒にプールやビーチを楽しめないというのは、長期になればなるほどかなり困りました。

豪華なキッズパークとはいっても、室内の一定の空間なので、頻繁に通うと子供は飽きるものです。週末に「シャングリラ行こう!」と子供たちを誘っても、だんだん「えー、またシャングリラ?」と言われるようになってしまい、そんなに通うことなく期限を迎えてしまったという苦い思い出があります。

ホテルの質、規模、高級感などで比較したら、断然シャングリラの方が上なのですが、コストパフォ−マンスと利用価値という視点で見ると、マリバゴ・ブルーウォーターの圧勝です。

ちなみにデイユースであれば、丸1日、親子で一緒にすべてのホテルの施設とプライベートビーチが利用でき、豪華ランチビュッフェもついています。

結論、親子で利用したい場合、シャングリラは年会員になるよりも、たまのデイユースの方が良いです。

3. 景観バツグンの大人の空間に加えてキッズスペースが拡大したクリムゾン

403989_331247366965377_832513691_n
番外編。クリムゾンの会員にはなりませんでしたが、4年間、よく通っていたホテルです。年会費も月会費もシャングリラの半額くらいだそうです。月会員になって毎日クリムゾンのジムに通っていた日本人の生徒さんもいました。

※デイユース料金(ランチビュッフェ付き)は、大人:平日・日曜2,490ペソ(約5,500円)、子供:12歳以下無料です。

5つ星ホテルの会員になりたいけどシャングリラほどの豪華な施設は必要ないという方は、半額で会員になれるクリムゾンがオススメです。

14037424_1059902270766546_2008820887_o
私は毎日クリムゾン周辺に咲き誇る南国のカラフルな花々に癒され、週末はクリムゾンからあがる花火を眺めながら過ごせるほど、すぐ近くのコンドミニアムに住んでいたので思い入れがあります。

557456_331247750298672_954080771_n
クリムゾンも、親子で利用する場合はデイユースがお得です。子供が無料だからです。大人1人につき子供1人無料と公表されていますが、実際、私1人で子供2人連れて行った時も、子供2人とも無料にしてくれました。フィリピン人は子供に優しいです。

img_0063
レストランの雰囲気やサービス、ロビーからの景色が大好きで、何度もデイユースに通っていたことを覚えています。

img_0077
キッズルームでは、スタッフさんが顔や手などにペイントアートをしてくれて、娘は大喜びでした。クリムゾンの親子デイユースは、コスパ最高です。

4. セブ最大のウォーターパークがあるJパーク・リゾート

12391926_916116721811769_3581260448031001441_n
番外編2.室内キッズパークじゃ物足りないわんぱくな年齢の子供と一緒に思いきり遊びたい方には、Jパークのデイユースがお勧めです。

※デイユースの料金(ランチビュッフェ付き)は、大人:3,500ペソ(約7,800円)、子供(5歳〜12歳):1,750ペソ(約3,900円)、4歳以下無料です。

ここがポイントなのですが、Jパークは現地在住者もしくは留学生であることがわかる証明書を提示すれば、在住者割引を受けることが出来ます。語学学校で発行される学生証で大丈夫です。1人あたり1,000ペソ(約2,200円)割引になるので、知らないと損な重要情報です。

75242_294571447299636_2108798438_n
ホテルの敷地を一周する流れるプールや波のプール、アドベンチャープール、3種類の大きなウォータースライドなど、活発な高学年の子供も大満足できるでしょう。

10417613_916116678478440_5641212996166844813_n
ランチビュッフェでは世界各国の料理が並び、その種類と量はセブでトップクラスと言っていいほど豊富です。ビュッフェといっても、シェフが目の前でオーダーに合わせてオリジナルパスタを作ってくれます。

311563_320441134712667_888725915_n
デザートも食べきれないほどあって、嬉しくなってしまいます。デザートが充実しているかどうかは重要です。

480914_294571707299610_2070786742_n
プールに入りながらバーカウンターで飲み物が飲めるのも、南国リゾートらしくて非日常の世界を味わえます。プールに入る前に荷物と着替えをロッカーに預けますが、飲み物が買えるくらいのお金を持っておくといいでしょう。

紙幣を水着のポケットに入れたまま泳いで、お金がビチョビチョに濡れてしまっても大丈夫。フィリピン人は細かいことは気にしません。

以上、セブで最もオススメな4つのホテルでした。

これからセブに長期滞在をする方は、ホテルのデイユースと会員制度を上手に利用して、ぜひセブ生活を120%満喫してください。

* * * * *

2児の母である私が親子留学先、移住先にフィリピンのセブを選んだ理由について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子連れで海外移住の最近記事

  1. よくある質問 FAQ [ シングルマザー海外移住・ママ留学・親子留学 ]

  2. 募集終了 よくある質問 FAQ [シングルマザー向け教育支援インターンシッププログラム]

  3. フィリピン親子留学中や海外移住をする時は住民票をどうすればいい?にお答えします。

  4. 小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教育移住・海外子育てを経験してお…

  5. 母子家庭だからって留学を諦めないで!英語授業料・滞在費無料の 「シングルマザー向け教育…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村