セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子連れで海外移住
  2. 295 view

フィリピン、セブ島で穴場のおすすめスポット。親子でターザンのように大自然の上を駆け抜けるジップライン。

セブ島というと海のイメージが強いですが、穴場の山リゾートで思いっきり大自然を満喫するのもオススメです。

4年前。高所恐怖症の私が生まれて初めてジップラインに挑戦して、セブ島の山のてっぺんからターザンのように飛んだあの日。表現方法は違えど、息子も娘もたいそうなビビリようだったことが懐かしいです。

挑戦しなければ感動は得られない

ジップラインは、ターザンのようにロープにぶら下がって空を飛ぶアトラクションです。命綱をしっかりつけてもらうので安全ですが、高いところが苦手な人は恐怖心との闘いになります。

577756_422979104458869_2116055461_n

ビビり過ぎてジップラインの飛び立つ台から逃亡した息子とは対照的に、娘はやる気満々のような恐れおののいているような顔で「全然怖くないよー!!」と100回くらい叫んでいました。怖さから自分を奮い立たせていたのでしょうね。

5397_422979281125518_1500912068_n

幼児と一緒にジップラインをする時は、抱っこ紐のような頑丈な装置で親子ともにしっかりと固定されます。

542747_422979671125479_1730828509_n
実際に、ここから飛ぶのはかなり勇気が必要です。

挑戦前は私もかなりビビっていましたが、飛んでみたら目の前に広がる絶景が最高すぎて、ものすごく感動したことをよく覚えています。

426427_422979911125455_1524322965_n

やはり、何事も挑戦してみないとわからない、挑戦しなければ感動することはできないのだと実感しました。

しかも、親子で一緒に感動体験ができるって、本当に素敵なことです。

セブ島で穴場のおすすめスポット

私が人生初のジップラインに挑戦したのは、セブ市から約20キロ北のダナオ市にある、「ダナサン・エコ・アドベンチャーパーク」。セブ島のセブ市とマクタン島全体が見渡せるトップス展望台よりさらに1時間ほど山道を進んで行った大自然の中にあるリゾート施設です。

このパークで大人気のジップライン。特徴的なのが、行きはジップラインで、帰りは馬に乗って帰ってくることです。ジップラインと乗馬が同時に楽しめて、料金は1人200ペソ(約460円)です。

さすがフィリピン。安すぎて心配になってしまいそうですが、パートの掃除婦さんたちの日給はそのくらいなので、現地の物価から考えると高価なアトラクションです。

ダナサン・エコ・アドベンチャーパークのジップラインは、広大な山の高台のてっぺんから隣の高台のてっぺんまで飛ぶような感じで、高さも距離も十分すぎるくらいあります。

日本の遊園地にある、子供用の「なんちゃってジップライン」とはワケが違って壮大です。

601425_422978961125550_10522282_n

ダナサン・エコ・アドベンチャーパークは、ジップラインの他に、ウェイクボーディング・洞窟探検・ウォールクライミング・乗馬・トレッキング・ハイキングなどアトラクションが盛りだくさん。宿泊施設もあり、1泊1,200ペソ〜(約2,700円〜)で泊まることができます。

行き方としては、ダナサン・エコ・アドベンチャーパークのシャトルサービスを利用するのが良いです。シャトルサービスは、セブ市からの往復が1人300ペソ(約680円)、8名以上の申し込みから利用できます。

アドベンチャーパークへの入場料金は1人25ペソ(約60円)。営業時間は午前8時から午後6時です。

セブ島というと海のイメージが強いですが、穴場の山リゾートで思いっきり大自然を満喫するのもオススメです。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子連れで海外移住の最近記事

  1. よくある質問 FAQ [ シングルマザー海外移住・ママ留学・親子留学 ]

  2. 募集終了 よくある質問 FAQ [シングルマザーインターンシップ]

  3. フィリピン親子留学中や海外移住をする時は住民票をどうすればいい?にお答えします。

  4. 小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教育移住・海外子育てを経験してお…

  5. 母子家庭だからって留学を諦めないで!英語授業料・滞在費無料の 「シングルマザー向け教育…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村