セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子育て・育児について
  2. 2324 view

子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさん」の詩に感動して涙が溢れた小学校の暗唱会。

どんなに願っても、今がこのままでいつまでも続くことはありません。

だからこそ、いま、この瞬間を大切にしたいと、あらためて強く思います。

わたしの胸に全力で飛び込んでくる娘を
力いっぱい抱きしめられる今を。

心から感動した子供たちによる詩の暗唱会

地元のユネスコ協会主催の「第6回子どもの暗唱を楽しむ会」に行ってきました。市内の全小学校、幼稚園から選ばれた30組、349人の子供たちが真剣に詩を暗唱する姿に感動します。

小学2年の娘も、家でいっぱい練習した『ゆき』という詩を暗唱しました。とっても上手にできて、よく頑張ったなぁと感慨深いです。

そんななか、他校の子ども達が暗唱した『かぜのなかのおかあさん』という詩を聴いて、思わず涙がでるほど熱いものが込み上げたので紹介します。

小さくて可愛い子供の声、お腹から叫ぶような真剣な声で、この詩が暗唱される光景を思い浮かべてみてください。

私だけではなく、多くのおかあさん達はきっと我が子をぎゅっと抱きしめたくなるはずです。

かぜのなかのおかあさん

かぜのなかのおかあさん
          作詞:阪田寛夫

おかあさん
としをとらないで
かみがしろくならないで
いつでもいまのままでいて
わらっているかお
はなみたい

おかあさん
ねつをださないで
あたまもいたくならないで
どこかへもしもでかけても
けがをしないで
しなないで

おかあさん
はながさきました
かぜもそっとふきますね
いつでもいまがこのままで
つづいてほしい
おかあさん
おかあさん

どんなに願っても、今がこのままいつまでも続くことはない

そういえば、私が子供の頃、お母さんがいつか老いていくこと、いつかは死ぬということなど想像もしていませんでした。

お母さんはいつまでも元気で、私よりもずっと力持ちで、私よりも速く走れて、私よりもいろんなことを知っていて、いつも笑っている。

お母さんは、いつまでもそんなお母さんだと思っていました。

今は知っています。

いつの間にか私のほうが力持ちになって、いつの間にか私のほうが詳しいことも増えてきて、いつの間にかお母さんの白髪が増えて。

そう、人は老いるのだということを受け入れざるを得ないほど実感しています。

そして、気づきました。

私はなぜ「かぜのなかのおかあさん」の詩にこんなにも胸がいっぱいになったのか。

それは、この詩のなかの子供の純粋な願いは、現実には叶わないからです。

私たちは年をとり、髪が白くなり、時には熱を出したり、怪我もして、いつか死にます。

忙しい毎日のなかでは、子供がしつこいくらいにまとわりつく日常を負担に感じたり、それが永遠に続くような錯覚に陥ることがありますが、どんなに願っても、今がこのままでいつまでも続くことはありません。

それでも、子供たちは、ただ純粋にお母さんといつまでも一緒に生きられることを願うのです。

子供たちの純粋な思いに触れ、熱いものが込み上げて胸がいっぱいになりました。

いま、この瞬間を大切にしたいと、あらためて強く思います。

わたしの胸に全力で飛び込んでくる娘を
力いっぱい抱きしめられる今を。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子育て・育児についての最近記事

  1. 息子よ、ごめんね。親の都合で振り回した子供への後悔と感謝と希望と淋しさ。

  2. 毒親に育てられたために苦しんで生きてきたあなたへ伝えたいこと。

  3. 未来教育指数で世界1位ニュージーランドの小中学高校教育を視察!今の子供たちに将来必要となる…

  4. 子供を殺してしまおうか、それとも私が死のうか。今までの相談と回答 FAQ [ 子育て・育児…

  5. セブ島ITジュニアキャンプの短期留学効果って?中学2年の息子の英語スピーチとITスキルを公…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村