フィリピン親子留学 /セブ母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 6759 view

子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさん」の詩に感動して涙が溢れた小学校の暗唱会

こんにちは。娘の発表会を観て感動が止まらない親子留学カウンセラーのハナです。

あなたは「かけがえのない今」を全力で生きていますか?

どんなに願っても、今がこのままでいつまでも続くことはありません。

わたしの胸に全力で飛び込んでくる娘を力いっぱい抱きしめられる今。

この瞬間瞬間を大切にしたいと、あらためて強く思います。

今回は、子育て中のすべての母親に読んでほしい「かぜのなかのおかあさん」という詩を紹介します。

【スポンサードサーチ】

心から感動した子供たちによる詩の暗唱会

地元のユネスコ協会主催の「第6回子どもの暗唱を楽しむ会」に行ってきました。

市内の全小学校、幼稚園から選ばれた30組、349人の子供たちが真剣に詩を暗唱する姿に感動。

小学2年の娘も、家でいっぱい練習した『ゆき』という詩を暗唱しました。とっても上手にできて、よく頑張ったなぁと誇らしい気持ちです。

そんななか、他校の子供たちが暗唱した『かぜのなかのおかあさん』という詩を聴いて、思わず涙がでるほど熱いものが込み上げたので紹介します。

小さくて可愛い子供の声、お腹から叫ぶような真剣な声で、この詩が暗唱される光景を思い浮かべてみてください。

わたしだけでなく、多くのおかあさん達はきっと我が子をぎゅっと抱きしめたくなるはずです。

詩全文「かぜのなかのおかあさん」

かぜのなかのおかあさん
          作詞:阪田寛夫

おかあさん
としをとらないで
かみがしろくならないで
いつでもいまのままでいて
わらっているかお
はなみたい

おかあさん
ねつをださないで
あたまもいたくならないで
どこかへもしもでかけても
けがをしないで
しなないで

おかあさん
はながさきました
かぜもそっとふきますね
いつでもいまがこのままで
つづいてほしい
おかあさん
おかあさん

この詩のなかの子供の純粋な願いは、現実には叶わない

そういえば、わたしが子供の頃。

お母さんがいつか老いていくこと、いつかは死ぬということなど想像もしていませんでした。

お母さんはいつまでも元気で、わたしよりもずっと力持ちで、わたしよりも速く走れて、わたしよりもいろんなことを知っていて、いつも笑っている。

お母さんは、いつまでもそんなお母さんだと思っていました。

でも、今は知っています。

いつの間にかわたしのほうが力持ちになって、わたしのほうが速く走れるようになって、わたしのほうが詳しいことも増えて、いつの間にかお母さんの白髪が増えて。

そう、人は老いるのだということ、時間には逆らえないことを痛いほど実感しています。

そして、気づきました。

なぜ「かぜのなかのおかあさん」の詩にこんなにも胸がいっぱいになったのか。

それは、この詩のなかの子供の純粋な願いは、現実には叶わないからです。

わたしたちはみんな年をとり、髪が白くなり、時には熱を出したり、怪我をして、いつか死にます。

それらは受け入れがたくも受け入れざるを得ない現実だから。

どんなに願っても、今がこのままいつまでも続くことはない

忙しい毎日のなかでは、子供がしつこいくらいにまとわりつく日常を負担に感じたり、それが永遠に続くような錯覚に陥ることがあります。

しかし、どんなに願っても、今がこのままでいつまでも続くことはありません。

それでも、子供たちは、ただ純粋にお母さんといつまでも一緒に生きられることを願うのです。

子供たちの純粋な思いに触れ、熱いものが込み上げて胸がいっぱいになりました。

いま、この瞬間を大切にしたいと、あらためて強く思います。

わたしの胸に全力で飛び込んでくる娘を、力いっぱい抱きしめられる今を。

* * * * *

少しずつママの手から離れ、自分の羽ではばたこうとする我が子へ伝えたいことを書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

一生懸命取り組んできたことすべてが財産となる

お問い合わせをくださったひとりひとりに真剣に向き合ってきたこと。涙が溢れるほど心が震えたお返事。

セブ親子留学からの母子移住体験はもちろん、全力で取り組んできたブログでの子育て情報発信や人生相談もぜんぶ、わたしの財産です。

たくさん頂いたお問い合わせとその回答をまとめました。紹介記事を書きましたので、もしよかったら読んでください。

産後うつで死にたかったけど、生きる希望が涌いた!はなブログに寄せられた人生相談をまとめたら2万字を超える真実のドキュメンタリーエッセイができた

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。シングル育児。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. 新型コロナウィルスで全国一斉休校!小中高生の支援に立ち上がった企業の無料教育サービス情報ま…

  2. 小学校留学でパイロットの夢を叶えた友達もいる!カナダとフィリピン、親子留学と単身留学のメリ…

  3. 【ドバイ母子旅行の現実】子供に勉強しなさいって何万回言うよりも「感動体験」をさせたほうが圧…

  4. ( ゚Д゚)ウヒョ━!!!2泊で50万円!片道30時間のドバイ母子旅行を決断した理由【おす…

  5. 子供の才能を見つけて最大限に伸ばす方法。全国英検IBA試験で800点満点をとった中学生クリ…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    セブ親子留学もフィリピン移住体験も子育て相談も、一生懸命取り…
  2. 子連れで海外移住

    フィリピン、セブに母子移住して人生が変わった!死にたくなるほ…
  3. フィリピン親子留学

    【セブ親子留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くフィリピン短期留学…
  4. はなの独り言

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
PAGE TOP