孤独な子育てから卒業!セブ親子留学からフィリピンに教育移住して"人生に花が咲いた"母と子。子供の可能性を広げるために挑戦し続けるワーママの体験ブログ

  1. 子育て・育児
  2. 159 view

ロゴデザインの劇的ビフォー・アフター!高校生クリエイターの息子、コンドウハルキが新作ロゴ作成に込めた想いとは?

こんにちは。ド素人ながらIllustratorで当サイトのロゴを制作したものの、あまりのショボさに凹んでいたハナマルサロン代表、はなです。

やっとこさ!16歳の息子、高校生クリエイターのコンドウハルキが当サイトの新しいロゴを作成してくれました!!

現在、息子は多くの個人・法人からデザインを受注していて多忙なため約6ヶ月待ち続けていたので、完成した作品を見て感動ひとしおです。

ここだけの話ですがわたしは「いつ自分が死んだとしても自分の生きざまと子供たちへの思いをこの世界に残したい」という思いでブログを綴っています。それが息子に伝わっているように感じて言葉にならない。

今回は劇的に変わったロゴのビフォー・アフター(デザイン親子対決)と、息子がロゴ制作に込めた想いを紹介します。

【スポンサードサーチ】

コンドウ家の行動指針と親子対決の歴史

中学生で起業して突き抜けた才能を発揮しているのはもちろん、自立心あふれ、思いやりのある息子さんをどう育ててきたのか、子育て法を教えてください。

という子育て相談をいただいたりするんですが、実際わたしも今なお子育てについては悩みながら試行錯誤を繰り返している途上です。子育てに正解なんてないですもんね。

そんな中でも、今まで子育てにおいて意識してきたことがあるとしたら、

  1. 自分も子供も可能性に満ちていることを信じる!
  2. ママがやりたいことに思いっきり挑戦する背中を見せる!

ということくらいかなと。この2つは、昨秋に立ち上げたママ限定コミュニティ『ハナマルサロン』の行動指針にもしています。

こちらの画像も息子が作成してくれたものです。息子よ、ありがとう!

そして、この『行動指針』をもとに、今までもたくさんの親子対決を楽しんできました(笑)

親子で一緒に取り組んできた「挑戦」と親子対決の「結果」について書いた代表的な記事を2つ紹介します。

■英検準一級の親子対決(→ママの勝利)

■YouTube動画制作の親子対決(→息子の勝利)

英検準一級と動画編集の対決で、一勝一敗。

そして、今回はロゴデザインの親子対決というわけですが、子供の才能が光る分野で親子対決をするのはおすすめです。

子供って競争心に火をつけることで大きな成長を遂げるし、結果がどうあれ「新たな挑戦をしたこと」が成功体験となって自信の芽を育むし、なんといっても親子で一緒に取り組むチャレンジは本当に楽しいから。

そもそも当サイトの正式名とコンセプトって?

ロゴデザイン対決といっても、そもそも当サイトのコンセプトって何?というあなたのために、サイトの正式名とコンセプト(キャッチフレーズ)をお伝えしますね。

◆サイト名:
ハナサカデミア|HANA’S ACADEMIA 〜セブ親子留学とフィリピン教育移住で花が咲いた私の子育て体験ブログ〜

◆コンセプト(キャッチフレーズ):
孤独な子育てから卒業!セブ親子留学からフィリピンに教育移住して”人生に花が咲いた”母と子。子供の可能性を広げるために挑戦し続けるワーママの体験ブログ

サイト名とキャッチフレーズの通り、セブ親子留学と教育移住がきっかけで人生が変わった親子の挑戦ストーリーを軸に、様々な体験談や独り言を徒然なるままに綴っているブログです。

それでは、このサイトのコンセプトがどのようにロゴで表現されているのか、どうぞご覧ください!

ロゴ作成の劇的ビフォー・アフター(デザイン親子対決)

母親のわたしが制作したロゴ【ビフォー】と、高校生クリエイターの息子が制作したロゴ【アフター】を以下に比較して紹介します。

ロゴ・ビフォー(Photoshop × Illustrator)

ド素人のわたしが試行錯誤しながらPhotoshopとIllustratorで制作したロゴはこちらです。

赤い背景に透けて文字が白く出るように制作したので、長方形のロゴ(ブログタイトル)だけを見るとなんのこっちゃわからなくてすみません…

■長方形のロゴ(ブログタイトル)

■正方形のロゴ(サイトのアイコン)

ハナサカデミア(HANA’S ACADEMIA)のわたしの名前“ハナ”と、“人生に花が咲いた親子”の体験ブログだということ、“花咲かじいさん”的な存在を目指していることで、「花」を三重にかけています。

また、正方形のロゴは、2人の子供たちを抱きしめている母のイメージを「花」に重ねました。

ロゴ・アフター(Illustrator)

中学2年で起業し、現在、高校生クリエイターとして活動している息子が制作したロゴはこちらです。

■長方形のロゴ(ブログタイトル)

■正方形のロゴ(サイトのアイコン)

もうね、パッと見の印象から「素人とプロの違い」を見せつけられた気がします。ママの完敗ですね。

息子のデザインスキルは、デザイン業界の第一線で活躍されている方々や著名な経営者の方々にも高い評価をいただいていて大変光栄に思っています。

そんな息子が今回のロゴには、なんと…こんな想いも込めていたんです。

ロゴ制作に込めた16歳の息子の想い

力強さもほんのり感じるけど、やわらかさも感じるロゴにしました。

まず、ブログ全体として、英語とか挑戦、その他いろいろな記事を含めて、女性に焦点をあてた内容になってると思う。

ただ、そこで単に女性らしいやわらかいイメージにするのも違うなと。挑戦ストーリーとかブログ記事の中に力強さも感じるから、その上での書体選びとカスタマイズをした。

左の大きい花びらがママで、右の2つが子供。

“親は後ろから見守る 子供は前に進んでく”

というイメージです。

うおぉぉ…(号泣)

息子がこのブログから感じ取ってくれた思いやイメージが、まさにわたしが子供たちに伝えたかったメッセージで…本当に嬉しくてジーンと胸が熱くなりました。

子供たちが前に進んでいく様子を後ろから見守る母の想い

今回のロゴ制作にあたって、具体的な指示は特に出しませんでした。息子はわたしのブログをかなり読み込んでくれているので、彼の感性に任せてみたいなと思ったからです。

ここだけの話ですが、「いつ自分が死んだとしても自分の生きざまと子供たちへの思いをこの世界に残したい!」という思いでブログを綴っています。

「ママが思いっきり挑戦する背中を子供に見せる」ことが、子供の挑戦マインドを育み、成長を加速させる。

そう信じているわたしは、自分が前に出る挑戦ストーリーを書いているように見えて、実際は「子供たちが前に進んでいく様子を後ろから見守る母」なんですよね。

後ろから見守る母の愛情と信頼の深さに安心して、子供たちには思いっきり羽ばたいて欲しい。

人生って長いようでいつ突然絶たれるかはわかりません。限りある人生、その時々の想いを詰め込んでブログを更新し続けていきたいな、とあらためて思いました。

子育て中のあなたが活躍できるコミュニティ、一緒につくりませんか?

ママが輝く時代へ!親子で新しい挑戦をして人生の可能性を広げたいママのための、ママ限定サロンを開設します。

同じ思いを持つサロンメンバーと共に新たなチャレンジを楽しみ、助け合いながら、親子で成長できる学びのサロン。孤育てやワンオペ育児に奮闘しているあなたが輝くための「挑戦」を全力で応援するコミュニティです。

ハナマルサロン開設までの波乱万丈なわたしの人生とサロンにかける溢れる思いを記事にまとめたので、もしよかったら読んでください。

孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママのための『人生を変える』ママ限定コミュニティ、いよいよ始動

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

ハナマルサロン代表。シングル育児中の親子留学カウンセラー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

子育て・育児の最近記事

  1. 子育て中ママの応援ソング『小さな翼』誕生の背景と歌詞を大公開!「母親だから」という理由で夢…

  2. ロゴデザインの劇的ビフォー・アフター!高校生クリエイターの息子、コンドウハルキが新作ロゴ作…

  3. 「死にたい。…助けてください」というLINEチャット相談第2弾の長文やり取りをそのまま公開…

  4. 子育てや親子留学、人生の悩みを聞きます!LINEチャット相談はじめました。

  5. 空の巣症候群をシングルマザーが乗り越える唯一の方法。父親がいない母子家庭は要注意!私のつら…

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集記事

  1. ワーママ・子育て中の働き方

    【口コミ体験談】パーソナルコーチング1回目のセッションをした…
  2. 子育て・育児

    孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママの…
  3. 子連れで海外移住

    DVモラハラ夫から逃げろ!4人の子供を連れてセブ親子移住した…
  4. ワーママ・子育て中の働き方

    大チャンス!オンライン化が進む新しい時代に子育て中のママが活…
PAGE TOP