セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 英語学習について
  2. 1091 view

親子留学中、先生が何を言っているかわからないと泣いていた息子。子供の英語教育って何歳から始めればいいの?

こんにちは。セブ親子留学カウンセラーのハナです。

「子供の英語教育って何歳から始めればいいの?」と疑問に思っている人は多いでしょう。

何事を始めるにも遅すぎることはありませんが、言語を習得するには、スタートは早ければ早いほど良いです。

小さい頃からたくさんの言語に触れることは、様々な文化を学習することにもなり、幅広い物の見方ができるようになります。

子供のころの英語体験は、その後の人生を大きく発展させる土台になることは間違いありません。

今回は、はじめてセブ親子留学をした当時、7歳と2歳の子供たちが英語力を習得した流れと英語教育を始めるのは早いほうが良い理由をお伝えします。

【スポンサードサーチ】

まるで母国語を覚えるように自然に英語を話すようになった娘

わたしが親子留学でセブに渡った時、息子は7歳、娘は2歳。

息子が日本の小学校に入学し1年間通った後、2年生に進級する前の春休みにセブへ移住しました。

息子は既に日本語脳が出来上がっていたので、そこから完全に第2言語として英語を学ぶことになります。

結果としては4年間でフィリピン人のような高い英語力を身につけることが出来ましたが、当初はかなり苦労しました。

親子留学の始めの頃は「先生が何言ってるかわからない」と半べそをかいていたこともあります。

それに対して、2歳から現地幼稚園に通い始めた娘は、それはもう何の苦労もなく、まるで母国語を覚えるのと同じように、すんなりと英語を習得することが出来ました。

赤ちゃんは実際に接する人が話す言語を学習する

英語と日本語は周波数が異なることがわかっています。

赤ちゃんは、あらゆる言語、文化に適応できる状態、つまり真っさらな状態で生まれてきます。

しかし、成長とともに、赤ちゃんが生きるために必要な言語以外の周波数の情報は切り捨てていくと言われています。生存本能だそうです。

赤ちゃんは、未熟な自分が生き抜くために、自分を取り巻く言語や文化に急速に適応していきます。

その過程で、自分に必要のない周波数の音は雑音としてシャットアウトするのです。

異なる周波数をキャッチできる力を鍛えることが出来るのは、遅くとも7歳頃までという研究結果があります。

私の友人であり、明治大学の客員研究員で早期英語教育アドバイザーである庄司里紗さんによると、ビデオなどの映像や機械から流れる音にはこの力を鍛える効果はないそうです。
出典:赤ちゃんは人と人との関わりの中で言語感覚を学んでいく 〜 第二言語を獲得するメカニズム
http://bilingual-kids.net/archives/24909906.html

赤ちゃんは、その生存本能から、自分の命を守ってくれる身の回りにいる人間の発する音をキャッチしようとします。

つまり、赤ちゃんは実際に接する人間が話す言語の音のみを学習します。

もし赤ちゃんの周囲の人が話す言語が日本語だけならば、日本語にない音は切り捨てられるのです。

小さい頃から自然と英語に触れ、2つ以上の言語を使い分けているフィリピン人は、英語以外の言語の習得も早いと言われています。

セブの職場には、英語、日本語、フランス語、タガログ語、ビザヤ語をとても上手に使い分ける同僚がいました。

彼女の言語能力は本当に羨ましい限りでしたが、ふと気づいたら、うちの娘も英語、日本語、タガログ語、ビサヤ語を使い分けるようになっていました。

娘は、英語が得意ではない日本人には日本語で、学校のクラスメイトや英語が得意なフィリピン人には英語で、

警備員や清掃員などの現地語の方が得意なフィリピン人にはビサヤ語で、人や状況に合わせて自然に言語を切り替えるのです。

バイリンガルの子供は問題解決力や注意力が高く、視野が広い

バイリンガル、つまり2つの言語を身につけると、単純に2ヶ国語を話すという以上の良い点があります。

英語と日本語を学習する子供は、日本語しかわからない子供よりも複雑な脳の回路を身につけることが出来るそうです。

2つ以上の言語を身につけることは、脳に良い影響を及ぼすのです。

ある大学の研究により、2つの言語の異なる文法を区別することや、異なる理解の仕方を身につけることが、あらゆる行動においてプラスの影響を及ぼしている事が発見されました。

2つの言語で物事を認識できることによって、よりしなやかな考えを持てるようになり、1つの言語のみ話せる人よりも、形のない曖昧な事をより深く理解できるそうです。

言葉を組み立てる上で、無意識のうちに両方の言語がお互いに作用し合い、より良い思考の組み立てを促すからです。

2つの言語を話す子供の言語の発達、認識、注意力についての研究によれば、1つの言語のみ理解できる子供とではハッキリとした差がある事がわかっています。

バイリンガルの良い点は、言語の組み立ての理解が早く、その他の言語をより簡単に習得できること。

小さい頃からより本を読む傾向にあること。小さい頃から人には自分と異なる色々な考え方を持っているということに気づくこと。

より集中力があり、物事の切り替えが早いことなどです。

バイリンガルの特に素晴らしい能力として、問題解決力、認識のしなやかさ、注意力、そして物事の切り替えが上手であることが挙げられます。

小さい頃からたくさんの言語に触れることは、様々な文化を学習することにもなり、それにより幅広い物の見方を身につけることができます。

要するに、視野が広がるということです。

子供の頃の英語体験は、その後の人生を大きく発展させる土台になる

日本語のみ話せればいいという価値観でいる場合、将来の進学先や就職先は日本国内のイメージしか湧かず、

日本国内で見たり聞いたり触れたりした領域を突破するのは難しいです。

小さい頃から英語と日本語を話しグローバルな視野を持つことができれば、

将来の進む道を考える時、頭の中に世界地図を描きながら選択していくことができるのです。

東大を目指すのではなくスタンフォード大学を目指すとか、ITのフィールドで活躍したいなら東京ではなくシリコンバレーで就活するとか、そういった発想、挑戦が出来るようになります。

子供の頃の英語体験は、その後の人生を大きく発展させる土台になることは間違いありません。

* * * * *

子供の才能を見つけるためには挑戦あるのみ。全国英検IBA試験で800点満点をとった中学1年息子の取り組みと成功体験について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

英語学習についての最近記事

  1. 親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力維持のためのおすすめオンライン…

  2. 子供が大喜び!お台場の英語版ディズニー!!東京グローバルゲートウェイに行ってみた体験談レポ…

  3. 家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法【おすすめ英会話レッスン3選】

  4. 未来教育指数で世界1位!ニュージーランド親子留学と現地小中学高校教育を視察しました

  5. ニュージーランド大使館主催の交流会に行ってきました。あらためて実感した小中高校留学先として…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. はなの独り言

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
  2. 英語学習について

    親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力…
  3. 英語学習について

    家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法【お…
  4. フィリピン親子留学

    【フィリピン親子留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ短期留学…
PAGE TOP