セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 319 view

育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話

こんにちは。セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)です。

育休中にセブ親子留学に行かれるママさんから、とっても素敵で温かいメッセージをいただきました。

いま生きていること、可愛い我が子とともに過ごせる時間は宝物だと痛感し、胸が熱くなります。

きっと共感してくださるママさんがたくさんいるだろうなぁと思ったのでメッセージを紹介いたします。

【スポンサードサーチ】

育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ

近藤さん

先日はセブ留学事前準備に関してご丁寧な回答ありがとうございました。今週末にセブに出発しますYです。

一言御礼をお伝えしたくて突然のメッセージ失礼します。

デイユースのプールのご回答から、近藤さんのブログの存在を知り、ウキウキプールの記事を読んだ後、他の記事も拝見させていただきました。涙なしには読めなかったです。

感動したtop5という記事もありましたが、私が書いたのかと思うくらいでした。

昨晩も娘を寝かしつけ、布団の中にくるまって夜な夜な読ませていただいていたのですが、久しぶりに5年前に癌で亡くなった友人のことを思い出しました。

彼は、生きてさえいればなんでもできる、と言っていました。抗がん剤の副作用や寝たきりのために肌がボロボロになり、男性ですが女性用の生理用ナプキンをつけていました。そんなことも笑いながら教えてくれました。闘病中も気丈にふるまい頑張っていましたが、一度だけ涙を見せたことがありました。

結婚して子供を作って、両親に見せたかった、と。彼はそれほどご両親とは仲の良い感じではなかったのですが、悔しいと言って泣きました。

昨年娘が産まれ、両親への感謝の気持ちが更に強くなった今、なんて自分は幸せなんだろうと改めて思いました。そして、生きてさえいればなんでもできる、というメッセージを思い出しました。

4月には仕事に復帰する予定です。復帰後が不安になることもありますが、ブログを通して、またブログがきっかけで思い出した親友を通して、今自分がイキイキと生きること、それが一番。

やれるだけやってやれ!と、そんな勇気をもらいました。なんか最強な感じがしています(笑)大きな大きなパワーをありがとうございます。

長々と失礼しました。
どうしてもお礼が伝えたくてメッセージをお送りしてしまいました。

ご多忙かと思いますがどうぞお身体ご自愛ください。

子育て中の母親として共感と感動

こんなに素敵で温かい言葉をいただき、とってもとっても嬉しいです。本当にありがとうございます!

ちなみに文中に出てきた「感動したtop5という記事」はこちらです。

メッセージを読んでいてめちゃくちゃ胸が熱くなりました。本当に、いま生きていること、可愛い我が子とともに過ごせる時間は宝物ですね。

今回のセブ親子留学がYさんご家族にとって人生の宝となるような、実りのある時間になりますように願っています。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. N高へ行きたいという子供を否定する親へ伝えたいこと。突き抜けた考えや行動ができることは素晴…

  2. 子供の飛躍的な成長のために親ができることは?子供が好きなことに熱中できる環境作りのために実…

  3. 【東京観光おすすめスポット紹介】オーストラリア留学時のホストファミリーが日本旅行に来たので…

  4. 通勤片道2時間フルタイム会社員ママブロガーのライフハック!事実離婚シングルマザーのライフス…

  5. 育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP