フィリピン親子留学 /セブ母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 596 view

【ドバイ母子旅行の現実】子供に勉強しなさいって何万回言うよりも「感動体験」をさせたほうが圧倒的に早い。

あけましておめでとうございます。

世界一高いビル、ドバイのブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)から上がる花火を見上げながら迎えた2020年。

今年も親子ともにガンガン新たな挑戦をしていきます!
皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ドバイ母子旅行では、「これからの時代、英語と中国語が話せたほうがチャンスが広がるから勉強しなさい」って何万回言うよりも、実際に英語圏と中国語圏に連れて行って『感動体験』をさせたほうが圧倒的に早いなと実感しました。

今年は東京でオリンピック・パラリンピック(7/24~8/9・8/25~9/6)が開催されることはご存知の通りですが、ドバイでは国際博覧会(10/20~2021/4/10)が開催されます。

万博に向けて急ピッチでさらなる開発を進めるドバイは、何もかもが刺激的です。

今回は、実際ドバイに行ってみてはじめてわかった現実や子連れの弾丸旅行で学んだことをお伝えします。

年末年始、2泊で50万円のドバイ母子旅行に行く決断をした理由を書いた前回の記事はこちらです。

【スポンサードサーチ】

ドバイ母子旅行の弾丸スケジュール


ドバイ母子旅行は、北京1泊→ドバイ2泊→機内1泊、という4泊5日の旅程。

年末年始1週間の我が家のスケジュールはこんな感じでした。

12/28(土) 息子の”Life is Tech!クリスマスキャンプ”4泊5日が終了
12/29(日) 羽田発→北京着(フライト4時間+北京滞在17時間)
12/30(月) 北京発→ドバイ着(フライト9時間)
12/31(火) ドバイ滞在
1/1(水) アブダビ日帰り旅行からのドバイ発(フライト9時間)
1/2(木) 北京経由で帰国(北京滞在3時間+フライト4時間)
1/3(金) 親族一同の正月祝いの会
1/4(土) 仕事始め

ドバイに行くための経由で滞在した北京母子旅行について書いた記事はこちらです。

ドバイ母子旅行に備えて事前準備したことは?

ドバイに持参するものを準備している時、こんなツイートをしました。

今までの経験から「子連れ海外渡航」をなんら特別なことだと思っていないわたしは、基本的にまぁ最悪パスポートとお金があれば何とかなるなると思っています。

そんなわたしですが、今回のドバイ母子旅行に持参したものを下記にまとめます。

<必需品>

  • パスポート
  • 現金7万円
  • クレジットカード2枚(三井住友VISAカード・国際ビューカード)
  • スマホ(SIMフリー)
  • スマホのSIM取り出し用ピン
  • 往復航空券Eチケットのコピー
  • 宿泊するホテルの情報・予約番号コピー

<旅行生活を快適にするもの>

  • ガイドブック
  • 変換プラグ
  • ミラーレスカメラ
  • 化粧品類
  • 冬服(北京用)と夏服(ドバイ用)の上下それぞれ2〜3枚
  • 下着類
  • スニーカー・サンダル
  • ストール(←イスラム教関連施設のドレスコード用)
  • 箱ティッシュ(←子供たちがアレルギー性鼻炎のため)

<フライトを快適にするもの>

<持参したのに一回も使用しなかったもの>

  • 折り畳み傘
  • 日焼け止めクリーム
  • 虫除けスプレー
  • 常備薬(風邪薬・胃腸薬・解熱剤・いざという時の睡眠薬)
  • シャンプー・リンス(←ホテルのアメニティで足りた)
  • 高級店ドレスコード用のパンプス(←スニーカーで高級店にも入れた)
  • 水着(←弾丸旅行すぎてプールで遊ぶ余裕がなかった)

また、北京もドバイも現地到着時間が深夜なので、念のために羽田空港で少額の現地通貨を両替しました。

日本で両替するのはレートが悪いことを承知しつつ、備えあれば憂い無しかと。

羽田空港の両替所、各国のレートはこちらです。(2019/12/29時点)

取り急ぎ、日本出国前に両替したのはこちら。

▶200 中国元(3,605円)
▶100 UAEディルハム(3,732円)

次に、ドバイの電源プラグはBF型なので、変換プラグは羽田空港のビックカメラで購入しました。


羽田でも成田で、電源プラグは空港で買えるのでご安心を。

電圧については、新しい電化製品はほぼ世界対応しているので、PCやスマホは変圧器必要ないです。

ちなみに、渡航前日までにこちらのサイトで現地ツアーを2つ申込み完了。

①シェイクザイードグランドモスク&エミレーツパレスを巡る半日ツアー
(大人約6,200円/子供約3,100円)
②ブルジュ・ハリファの展望台&ドバイ水族館のチケット
(大人約5,650円/子供約4,800円)

航空券のオンラインチェックインもしていたので、当日はスムーズ。今やネットで何でも事前手配ができるので、海外旅行のハードルが低すぎますね。

渡航計画を立てながら KKday の現地オプションツアーを選んでいるとき、本当にワクワクが止まりませんでした!

ネット検索ができなくて詰んだ17時間の北京滞在

北京は時差1時間。12月30日AM0時ころ(日本時間AM1時ころ)北京空港に到着です。

経由の北京では、滞在時間が17時間あったのでシャングリラホテルに1泊しました。

さすがに母子旅行で空港で夜を明かすのはキツイ…

かといって空港近くのビジネスホテルで1泊10,000円支払うなら、15,000円で北京市中心部のシャングリラホテルに宿泊したほうが良い思い出になると思ったのが理由です。

多少のお金よりも子連れ海外滞在をする希少な時間のほうが価値があるので、「母子旅行はケチらない」というのがわたしのモットーだったりします。

■シャングリラ北京の周辺MAP

そんなこんなでちょっと楽しみにしていた北京滞在ですが、中国は情報統制のためにGoogleもFacebookもTwitterもLINEも使えなくて死にました。

しかも、ぜんぜん英語が通じない。空港職員でさえ英語で話しかけても中国語で返ってくるという…

さらには、空港職員からタクシー運転手、コンビニ店員まで誰も彼もが塩対応。おかげ様で深夜に空港到着してからホテルに着くまで3時間くらいかかりました。

困っても誰も解決してくれないので、良くいえばサバイバル力がアップします。


唯一シャングリラホテルのスタッフだけは親切な対応をしてくれて、この選択は間違ってなかった!と数日前にホテル手配をした自分に大感謝でした。

ドバイの人々の英語力とホスピタリティの高さに感動しきり!


ドバイは時差4時間。12月30日PM23時頃(日本時間AM3時頃)に空港に到着。

ホスピタリティ溢れるドバイ人の対応により30分くらいでスムーズにホテル、デュシタニ・ドバイに着きました。

ドバイ空港に到着してホテルまで向かうタクシーの中からはじめて見たドバイの夜景。どきわくです。

デュシタニ・ドバイは、ドバイの中心部にあり、ドバイモールやブルジュ・ハリファも近くてめちゃくちゃ便利。無料のシャトルバスも通っています。

■デュシタニ・ドバイの周辺MAP

なんといっても今回の旅行は年越しカウントダウン花火を観ることが一番の目的だったので、ブルジュ・ハリファから各ホテルまでの距離を参考にしながら決めました。

そして超絶ラッキーなことにデラックスルーム(32㎡)と同じ料金でキッチン付きの1ベッドルームスイート(54㎡)が取れたのが決め手です。



それにしても、ドバイの人々の英語力とホスピタリティの高さには感動しきり!

つい北京と比較してしまうからなおさら感動します←

子供たちがハイテンションすぎるのと時差ボケで深夜まで大騒ぎして連日睡眠不足でしたが😂

【1日目昼】セブ教育移住時代の同僚にドバイで再会


翌日は世界最大のショッピングモール、ドバイモールへ。

セブ在住時代に立ち上げた学校で働いてくれていたフィリピン人の友人とドバイモールで再会する約束をしていたのです。

年間3000万人が訪れる東京ディズニーリゾートに対して、ドバイモールは年間8000万人が訪れているという規模感に圧倒されまくり。

規模が大きいのはもちろん、その煌びやかさやモールの隅々まで輝くセンスにめちゃくちゃ刺激を受けました!


今回、4年ぶりに再会を果たした友人は、ドバイに移住して4年。

流暢な英語に加えてアラビア語も習得していて、すっかりドバイのキャリアウーマン。今年結婚して、ますます輝いています。


息子と娘が幼かった頃から我が子のように可愛がってくれた日々を思い出して、感慨深い思いでいっぱい。

ドバイでは出稼ぎのために移住したフィリピン人がたくさん働いているそうです。フィリピン人は英語ができるので海外就職しやすいですよね。

なにはともあれ、言葉が通じる国って居心地がいいなと今回の北京(=英語通じない) → ドバイ(=英語通じる)旅行で強く感じました。

【2日目夜】世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)から上がる年越し花火


今回の弾丸旅行の一番の大目玉は、世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)から上がる年越し花火を目の前で見ること。

しかし、ドバイの年越し花火に期待をし過ぎていたせいか、こんなものかと拍子抜けしつつ2020年を迎えました(笑)

だってYouTubeで観た2015年のドバイ年越し花火のほうが数倍規模が大きかったんですもん。

とはいえ、何事も経験。


子供たちと顔を見合わせて「え、もう終わり?」と笑ったのも思い出だし

事前に期待値を上げ過ぎたことによるガッカリ感から期待値コントロールの大切さも学びました。

今回宿泊したデュシタニ・ドバイの前の広場から撮影した2020年の年越し花火の動画はこちらです。

今こうやって観てみると、なかなかすごいですな。

【2日目昼】絢爛豪華!アブダビのシェイクザイードグランドモスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)


ドバイから車で1時間半のアブダビ(Abu Dhabi)へ日帰り旅行。

何気に一番感動したシェイクザイードグランドモスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)はこちらです。

世界一のタワーやモールが注目されるドバイも刺激的ですが、こうした異国の伝統文化に触れるのが海外旅行の醍醐味。

イスラム教では、女性は髪を隠し身体のラインが見えない服を纏う必要があります。


モスクに入る前に、ツアーガイドのお兄さんが用意してくれたイスラム教の伝統服アバヤを着ました。

土地が変われば”当たり前”が変わる。子供の頃から多様な体験をすると、”当たり前”を疑うという思考ができるようになり視野が広がりますね。

オープンバスの中から、広大なシェイクザイードグランドモスクの全体像を撮影した動画はこちら。

シェイクザイードグランドモスクを見学した後、自称7つ星ホテル、公式では5つ星ホテルのエミレーツパレスを訪れました。

エミレーツパレスはドレスコードがあるため、タンクトップやショートパンツ、ビーチサンダルなどのラフすぎる格好は警備員に止められる可能性があるので要注意。


世界で建設費の高い建物ランキングTOP10に入るというエミレーツパレス。その総工費は約3,300億円と言われていて、絢爛豪華な外観はホテルというよりもはや宮殿です。


そんな黄金に包まれた綺羅びやかなエミレースパレスの「LE CAFE」で飲んだ、金粉入りの特上カプチーノ(約1,750円)。


うん、たしかに美味しい。けど、スタバのカプチーノとの違いがわからないわたしはバカ舌かもしれません。


そしてアラブの伝統を感じるエミレーツパレスの目の前には、、、

映画ミッションインポッシブルでトムクルーズの近未来的なアクションシーンを撮影した高層ビル群!

絶好の撮影スポット!!!

KKdayのツアーガイドさんはめちゃくちゃ細やかな気配りをしてくれて写真も撮影してくれて、アブダビの歴史などについての説明もとてもわかりやすかったです。

【2日目夜】ドバイの絶景スポット、ブルジュ・ハリファの展望台


まるで異世界のように美しい夜景。

世界一高いビル、ブルジュ・ハリファの展望台に登ってきました。


もともと日が暮れる前の時間に展望台の予約をしていたもののアブダビ半日ツアーが長引いて日没後になったのですが、結果的に素晴らしい夜景が見れて良かったです。


自分史上最長の行列に並んでグッタリ疲れましたが、圧倒される景色を子供たちと一緒に見れて感動しました!

ブルジュ・ハリファの展望台から見た夜景の動画はこちら。

めちゃくちゃタイミング良くブルジュ・ハリファの124階から観ることができたドバイファウンテンのショーはこちら。

あのラスベガスのベラッジオと同じ噴水デザイナーが手がけたスペクタクルショー。毎日、13時と13時半、18時〜23時の間は30分置きに開催されています。

地上で見たドバイファウンテンのショーはこちらです。

わたしたち親子が、ドバイファウンテンの目の前のレストランで夕食をとっている間、3回ショーを観ることができました。

なんと噴水ショーのパターンは1,000以上あるそうで、様々な音と光の演出を鑑賞できるのも嬉しいです。

世界は1月もメリークリスマス


1月に入ってもメリークリスマス!と言うのはフィリピンだけかと思いきや、北京もドバイもまだまだクリスマスモード全開(笑)

日本はクリスマスが終わるとすぐ様々なところに門松が並んで迎春モードになりますが、むしろ日本が特殊なのかも。

今回の年末年始旅行で印象的だったクリスマスツリーを紹介します。


デュシタニ・ドバイのロビー。


シャングリラ北京のロビー。

エミレースパレスのロビー。


北京空港の出発ロビー。

ワクワクするほど華やかで、思わずメリークリスマスって言ってしまいますね!

余談ですが、ロシアやベラルーシ、ウクライナではクリスマス本番は1月7日だそう。

海外はキッズフレンドリー


もちろん国によって文化は異なりますが、北京のシャングリラホテルも、ドバイのデュシタニホテルも、子供に優しくてホスピタリティが溢れていました。

ドバイではホテルの受付スタッフが娘に「You are so sweet!(とっても可愛いわね)」と薔薇の花をプレゼントしてくれて大喜びの娘。

北京では「Dear Children…」から始まるメッセージカードとともにウェルカムフルーツ&スイーツがあって、子供たちが嬉しそうに読み上げます。

我が子が歓迎されていると思うと、親としてはとってもあたたかい気持ちになりますよね。

そして、一番嬉しかったのは「英語だけじゃなく中国語も話せるようになりたいな!」と子供達が言っていたこと。


子供たち自ら、メッセージカードにメッセージ返しをしていました☺

やっぱり人との関わりの中で、モチベーションって生まれますね。

「これからの時代、英語と中国語が話せたほうがチャンスが広がるから勉強しなさい」って何万回言うよりも、実際に英語圏と中国語圏に連れて行って『感動体験』をさせたほうが圧倒的に早いなと実感です。

つまるところ、今回のドバイ+北京母子旅行は本当に行ってよかった!としか思っていませんが、最後にひとつだけ反省点をシェアします。

実は、あまりの弾丸旅行っぷりと疲労のために、結局事前に購入したドバイ水族館のチケットを使うことができずに涙を飲みました…

子連れ旅行にはある程度のゆとりが必要だということを学んだ良い経験だともいえます。

いま子連れ海外旅行を計画している方は、やりたいことを7割くらいに抑えてゆとりを持ったスケジュールを立ててくださいね。

一生懸命取り組んできたことすべてが財産となる

お問い合わせをくださったひとりひとりに真剣に向き合ってきたこと。涙が溢れるほど心が震えたお返事。

セブ親子留学からの母子移住体験はもちろん、全力で取り組んできたブログでの子育て情報発信や人生相談もぜんぶ、わたしの財産です。

たくさん頂いたお問い合わせとその回答をまとめました。紹介記事を書きましたので、もしよかったら読んでください。

産後うつで死にたかったけど、生きる希望が涌いた!はなブログに寄せられた人生相談をまとめたら2万字を超える真実のドキュメンタリーエッセイができた

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。シングル育児。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. 新型コロナウィルスで全国一斉休校!小中高生の支援に立ち上がった企業の無料教育サービス情報ま…

  2. 小学校留学でパイロットの夢を叶えた友達もいる!カナダとフィリピン、親子留学と単身留学のメリ…

  3. 【ドバイ母子旅行の現実】子供に勉強しなさいって何万回言うよりも「感動体験」をさせたほうが圧…

  4. ( ゚Д゚)ウヒョ━!!!2泊で50万円!片道30時間のドバイ母子旅行を決断した理由【おす…

  5. 子供の才能を見つけて最大限に伸ばす方法。全国英検IBA試験で800点満点をとった中学生クリ…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    セブ親子留学もフィリピン移住体験も子育て相談も、一生懸命取り…
  2. 子連れで海外移住

    フィリピン、セブに母子移住して人生が変わった!死にたくなるほ…
  3. はなの独り言

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
  4. 英語学習について

    親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力…
PAGE TOP