孤独な子育てから卒業!セブ親子留学からフィリピンに教育移住して"人生に花が咲いた"母と子。子供の可能性を広げるために挑戦し続けるワーママの体験ブログ

  1. 子育て・育児について
  2. 331 view

今年も興味をもったことはどんどん挑戦します!親子で初めてのバーチャル・リアリティ体験をした2018年お正月。

新年早々、親子で一緒にはじめての体験をし、素敵なスタートを切ることができた2018年。何事も経験してみないとわからないので、今年も興味をもったことにはどんどんチャレンジしていく決意をした親子留学カウンセラーのハナです。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

あっという間に2018年の仕事始めを迎え、子供たちの冬休みも終わります。わたしは年末年始に食べ過ぎ飲み過ぎのぐうたら生活をしてしまい、胃もたれが治らず数年ぶりに胃薬のお世話になりました…

なまけ放題だったお正月休み最終日に、子供たちと一緒にVR初体験をして、思いっきりリフレッシュができたので紹介します。

【スポンサードサーチ】

たまたまテレビのお正月番組を見て興味を持ったVR

VRとは、バーチャル・リアリティ(仮想現実)の略称で、コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術です。

顔の向きに合わせて360度、上下左右に、現在自分が存在する空間とは異なる仮想空間内を移動したり、目の前の物体が本当に迫ってくる、あるいは本当に触れそうになったりするような臨場感あふれる体験ができます。(出典:コトバンク

お正月に親戚が集まり、おせち料理を食べながら何となく見ていたテレビ番組で、人気芸能人たちがVRエンターテイメント施設で熱狂している様子を観て、ふと「楽しそうだから子供たちを連れて行ってみようかな」と思いました。

早速、テレビで紹介されていたVR ZONE SHINJUKUという施設の場所をインターネットで調べたところ、なんとわたしが勤務している会社から徒歩5分くらいの場所という衝撃。これはもう行くしかないでしょう!

いざ、新宿のVRエンターテイメント施設へ

VR ZONE SHINJUKUは、「最先端のVR技術」と「独自の体感マシン」でかつてない圧倒的な現実感を生み出す巨大専用施設です。

喜びや恐怖、驚きを全身で味わえるVRアクティビティの数々や、大自然の中でロッククライミングや急流すべりをしているような錯覚を味わえるバーチャルリゾートアクティビティがあります。


入場料は、大人800円、子供(13歳未満)500円、未就学児(6歳未満)無料。VRアクティビティが1回できる当日チケットは1,200円、VRアクティビティが4回できる「1day4チケット」は入場料込みで4,400円でした。


施設内の中央広場の壁は、森林だったかと思うと、可愛らしいカラフルな壁に変身したり、次々にさまざまな様相を見せてくれるので、見ていて飽きません。


室内なのに砂浜にいるような感覚を味わえるバーチャルリゾートカフェ&レストランもあります。このレストランで食べた極旨ハンバーガーは言葉の通り、ごくうまでした\(^o^)/

はじめてのバーチャル・リアリティ体験


13歳未満の子供はVRアクティビティができないため、小学2年の娘はバーチャルリゾートアクティビティのロッククライミングに挑戦。頑張りましたが、残念ながら頂上まで登ることはできず、想像以上に怖かったらしくて悔し泣きしていました。

「こんなに怖いなんてはじめからわかっていたらやらなかった」と泣きじゃくる娘。挑戦する前は、大はしゃぎしながら「絶対絶対やりたい」と言っていたのも娘。

もし、わたしが「今のあなたには難しいからダメ」と無理やり諦めさせていたら、娘は今頃「本当にやりたかったのに…」ともっと悔やんでいるはずです。

本人がちゃんと自分の意思で挑戦して、今の自分には難しいということを身をもって体感できたことは、素晴らしい学びですね。新しい挑戦と学びが得られて良かったと心から思います。


中学1年の息子は、釣りVR極限度胸試しハネチャリマリオカートに挑戦しました。大興奮して楽しんでいる様子の息子を見て、わたしも大満足。


ゴーグル型のVR機器を頭部に装着すると、目の前に驚くような景色が広がっていて、まるで自分がゲームの世界の中に入りこんだような感覚になります。


ちなみに、自転車をこいで空を飛ぶゲームの「ハネチャリ」で目の前に360度広がるのは、こんな景色です。


私は、期間限定のVRという言葉に惹かれ 、機動戦士ガンダム 戦場の絆VRを試してみました。モビルスーツを操縦するためのコックピットに乗り、VR機器を頭部に装着して、宇宙空間での戦闘に参加します。まるでガンダムの世界で自分がヒーローになったような気分です。まったくもって機体を上手く操縦できずに敗北してしまいましたが、良い経験ができました。

新年早々、親子で一緒にはじめての体験をし、素敵な2018年のスタートを切ることができて嬉しいです。何事も経験してみないとわからないので、今年も興味をもったことにはどんどんチャレンジしていきます!

VRエンターテイメント施設の詳細情報

施設名: 超現実エンターテインメントEXPO 「VR ZONE SHINJUKU」
営業場所: 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
営業期間: 2017年7月14日(金)~ 期間限定
営業時間: 10:00~22:00(最終入場時間21:00)
      ※アクティビティ受付終了時間21:30
      (各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり)
      ※飲食ラストオーダー:フード21:00/ドリンク21:45
      (持ち帰りは22:00まで販売)
休業日: 年中無休
最寄駅: JR新宿駅東口から徒歩7分
      西武新宿駅から徒歩2分
      東京メトロ新宿三丁目駅から徒歩10分
      東京メトロ東新宿駅から徒歩10分
電話番号: 03-3200-8076
      ※受付時間 9:30~18:00

* * * * *

子育て中の兼業主婦でも英検準1級に合格できる。子供の背中を押すために親子で一緒に挑戦した英検受験について書いた記事はこちらです。もし良かったら、読んでください。

子育て中のあなたが活躍できるコミュニティ、一緒につくりませんか?

ママが輝く時代へ!親子で新しい挑戦をして人生の可能性を広げたいママのための、ママ限定サロンを開設します。

同じ思いを持つサロンメンバーと共に新たなチャレンジを楽しみ、助け合いながら、親子で成長できる学びのサロン。孤育てやワンオペ育児に奮闘しているあなたが輝くための「挑戦」を全力で応援するコミュニティです。

ハナマルサロン開設までの波乱万丈なわたしの人生とサロンにかける溢れる思いを記事にまとめたので、もしよかったら読んでください。

孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママのための『人生を変える』ママ限定コミュニティ、いよいよ始動

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

ハナマルサロン代表。シングル育児中の親子留学カウンセラー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. 空の巣症候群をシングルマザーが乗り越える唯一の方法。父親がいない母子家庭は要注意!私の辛い…

  2. 孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママのための『人生を変える』ママ限定…

  3. 反抗期がない高校生息子の本音。友人から知らされた「母への思い」に泣いた体験談と子育て環境と…

  4. 小学生と高校生も大興奮!お台場チームラボボーダレスの異世界アートミュージアムで感動した親子…

  5. 40歳主婦が親子ではじめるフォトショップ!公式価格と初心者におすすめの無料チュートリアルを…

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集記事

  1. 子育て・育児について

    孤育てから卒業!親子で新しい挑戦をして可能性を広げたいママの…
  2. 子連れで海外移住

    DVモラハラ夫から逃げろ!4人の子供を連れてセブ親子移住した…
  3. ワーママ・子育て中の働き方

    大チャンス!オンライン化が進む新しい時代に子育て中のママが活…
  4. 子育て・育児について

    子供の才能を見つけて最大限に伸ばす方法。全国英検IBA試験で…
PAGE TOP