セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. フィリピン親子留学
  2. 394 view

セブ親子留学中におすすめしたい親子撮影。これからの未来で一番若い「今」を写真に残そう!

こんにちは。セブ出張から帰国したばかりの親子留学カウンセラー、ハナ(@harunatzy)です。

日本のスタジオで撮影する型にハマった親子写真よりも、セブの開放感に包まれた環境で撮影する写真のほうが「思い出写真」とか「記念写真」として価値が高いのではないでしょうか。

先月1ヶ月間の子連れ出張中、せっかくなのでセブ島のカメラマンまゆゆに親子写真を撮影してもらいました。

まゆゆこと、田中真柚子(Tanaka Mayuko)ちゃんはセブ在住時代からの知り合いで、写真や動画の作品にクリエイティブなセンスが光る若き女性フォトグラファーです。

今思えば、7年前にセブ移住した時、まだまだ幼く可愛かった当時2歳の娘・7歳の息子と一緒にもっとたくさんの親子写真を撮影しておけば良かった…と悔みますが、過ぎた時間は戻りません。

思い立ったが吉日。これからの未来では親子ともに「今」が一番若いので、このチャンスに親子のセブ思い出写真を撮ろうと決意したのです。

先月の子連れセブ出張の詳細について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

親子留学中に撮影するなら!セブシティのおすすめホテル Montebello Villa Hotel


撮影場所は、セブシティのホテルで唯一最大の庭園を誇るモンテベッロ・ヴィラ・ホテル

セブ最大級のショッピングモールであるAyalaMallから車で15分、カントリーモールのすぐ裏という都心部にありながら、緑豊かでスペイン風の隠れ家リゾートという佇まいのホテルです。

モンテベッロ・ヴィラ・ホテルの地図はこちら。

モンテベッロ・ヴィラ・ホテルのデイユース料金はこちら。

■平日:
大人 500ペソ(約1,060円)
子供(3歳から11歳)300ペソ(約640円)

■土日:
大人 600ペソ(約1,280円)
子供(3歳から11歳)350ペソ(約740円)

※大人350ペソ(約740円)、子供150ペソ(約320円)の食事代込み

デイユースとは、プールやプレイルームなどを含めたホテル施設の日帰り利用サービス。めちゃくちゃリーズナブルで嬉しいです。

今回は、モンテベッロ・ヴィラ・ホテルのデイユースを利用しながら、セブ島カメラマンまゆゆに撮影をしてもらいました。

わたしと娘が iPhone で撮影した素人写真と、プロのカメラマンに撮影してもらった親子写真を以下に比較してご紹介いたします。

わたしと娘がiPhoneで撮影した親子写真

まず、ド素人のわたしと娘が iPhone Xs Max で(空き時間に)撮影した写真はこちらです。

最新の iPhone のカメラ機能が素晴らしいのと、セブの柔らかな日差しや開放感溢れる環境、美しい背景のおかげで、10割増しくらいに素敵な仕上がりになっている気がします(笑)

プロのカメラマンに撮影してもらった親子写真

そして、セブ島のプロカメラマンに撮影してもらった親子写真はこちらです。

やっぱり全然違いますね!

「写真は構図が命」といいますが、構図の素晴らしさはもちろん、柔らかな雰囲気とか親子の愛情とかを映し出してくれていて、さすがプロだと思いました。

プロのカメラマンによるセブ島の撮影費用は?


まゆゆ(田中真柚子ちゃん)は依頼すればどこにでも来てくれますが、マクタン島のリゾートでの撮影はもうひとりのセブ島日本人カメラマンであるマユさん(大平真由さん)が主に担当しているそうです。

なので、セブシティでの撮影はまゆゆ/マクタン島での撮影はマユさんにお願いするのがいいと思います。

まゆゆの写真撮影料金は以下の通り、1時間20,000円〜です。ちなみに、今回わたしは1時間の撮影をお願いしました。たくさんの写真の中からお気に入りの20カットを選ぶことができて大満足です!

【セブ島カメラマン田中真柚子ちゃんの写真撮影料金】

1時間: 20,000円 (〜20カットまで納品)
2時間: 28,000円 (〜40カットまで)
3時間: 35,000円 (〜60カットまで)
4時間: 41,000円 (〜80カットまで)
5時間: 47,000円 (〜100カットまで)
1日拘束 (8時間まで) 60,000円 (〜200カットまで)

※基本的な画像編集込み(明るさ・色調補正)
※交通費別途
※撮影日から2週間以内の納品(相談可)

日本のスタジオ撮影よりもセブ親子留学中の写真のほうが価値がある


子供の成長はあっという間なので、家族写真として記念に残すことって大事だなぁとあらためて感じます。

それであれば、日本のスタジオで撮影する型にハマった親子写真よりも、セブの開放感に包まれた環境で自然に撮影する写真のほうが「思い出写真」とか「記念写真」として価値が高いです。

親子留学は毎年の長期休暇の度にリピートする方が多いので、毎年の留学期間中に親子写真を撮影してアルバムに重ねていったら素敵ですね。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

フィリピン親子留学の最近記事

  1. 空港で搭乗手続きの待ち時間が長すぎる!楽々簡単に済ませるオンラインチェックインのやり方を解…

  2. 【おすすめ英会話レッスン3選】家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法

  3. 【東南アジアの現実】フィリピン留学で日本の常識を突き破る経験をすると何事にも動じなくなりま…

  4. シングルマザーだって子供の可能性を諦めない!セブ親子留学/移住/起業を考えている女性限定の…

  5. 【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加者大募集!【費用詳細公開】

関連記事

おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP