セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. はなの独り言
  2. 1305 view

【動画あり】過去の赤っ恥をさらします。アイドル、もとい、女たけし軍団時代のテレビ出演映像をYou tubeにアップしました

わたしは、どんな経験であっても無駄なことは1つもないと信じています。あの頃があったから今があると思うと、すべての経験は宝物です。

ずっと封印していた過去のテレビ出演動画を解禁しようと思い、先日、手元に残っていた古いビデオテープを写真屋さんでDVDに変換してもらいました。20歳前後の若かりし頃、芸能活動をしていた時に出演したテレビ番組の動画です。

穴を掘って土ごと一緒に埋まりたいほどお恥ずかしい映像なのですが、こんなアホな女子でも2児の母となり、母親としてちゃんと成長するんだということをお伝えできたらと思って恥をさらします。

大学時代、芸能事務所に所属してタレント活動をしていた頃のことを書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

過去に出演したテレビ番組

COMサイト(テレビ東京) 2000年

(前半)

(後半)

浅草キッドの水道橋博士さん、玉袋筋太郎さん、小島可奈子さん司会のバラエティ番組。当時、私が所属していたアイドルグループ”BRIGHT(ブライト)”が芸能界の裏トークを全開したCOMサイト新企画第1回放送。アイドルというのは名ばかりで、ブライトあらため「女たけし軍団」と改名された苦い思い出があります。

2000年当時にしては先端のインターネット活用系バラエティ番組です。最初のスマホであるiphoneがこの世に誕生したのが、この7年後の2007年ということを考えても、まだまだアナログだった時代。2000年はインターネットの世帯普及率が16%に達し、急速にネットが広がり始めた年です。

そう考えると、当時でいう最先端番組に出演させていただいていたのだなぁと、なんだか嬉しさと感謝の気持ちがこみ上げます。

LOVE NET CAFE(日本テレビ)① 2000年10月

ビビる大木さん&大内さん、吉沢悠さん司会の恋愛トークバラエティ番組。アイドルグループ”BRIGHT(ブライト)”女子大生メンバーとして番組ジャックしました。業界人合コン秘話や男女の本音が炸裂しています。

こちらも2000年当時にしては先端のインターネット活用系バラエティ番組です。「女子大生」という名目で出演しつつ、自分たちのグループ”BRIGHT(ブライト)”ネタを披露するのにいっぱいいっぱいだった様子が見て取れて、無理やり頑張ってる感満載です。

ブライトの背景を何も知らない方が見たら、ただのバカだと思われるでしょう。すみません。

LOVE NET CAFE(日本テレビ)② 2000年12月

ビビる大木さん&大内さん・吉沢悠さん司会の恋愛トークバラエティ番組。レースクィーン&女子大生アイドルBRIGHT(ブライト)がビビる大木さん&大内さん、吉沢悠さんと大激論!!20世紀最後の男と女の対決スペシャルです。

それまで数々の番組で長時間の収録にも関わらずカットされまくってきたので、この回は番組の方向性を意識してとにかくカットされないように小悪魔女子的な発言をしようと努めすぎていました。

いま見ると、自分のしゃべり方や話す内容が小悪魔どころか大悪魔でバカっぽすぎて、見るに耐えられないほどです。本当にすみません。

天の恵(テレビ東京) 2000年

(前半)

(後半)

恵俊彰さん・井森美幸さん司会のバラエティ番組。元プロボクサー渡嘉敷勝男さんの合コン疑惑を解明せよ!ということで、恵俊彰さんと井森美幸さんが徹底検証をするという内容です。私も芸能界合コン疑惑を検証するための合コンに参戦して見事に罰ゲームをくらっています。

当時31歳だった井森美幸さんはものすごく大人の女性に見えましたが、今となってはその歳を軽く超えてしまった自分。いざ、30歳を超えたからといって、特に大人になった感はないというか、心は永遠に20歳です。

久しぶりに映像を見ると、当時は30歳を超えた独身女性タレントは「結婚できない女」的な扱いを受けていたのだなぁと懐かしくなりました。いま思えば、30歳なんてまだまだ全然若いのに…!と衝撃です。

ワンダフル(TBS) 2002年

東幹久さん、原千晶さん司会のバラエティ番組。お部屋査定コーナーTRAPで、私の一人暮らしのお部屋の適正価格をプロが査定してくれました。当時はノリが命だったので、ワンギャルと一緒に大暴走してしまい大変なことになっています。

大学3年の冬のこの頃は芸能活動からほとんど足を洗っていたのですが、知り合いの番組ディレクターに依頼されて出演しました。

やるからには全力で取り組むのが私の信条なので、番組が求める内容の方向へ全力投球しすぎて突っ走って大コケしています。本当にすみませんとしか言えません。

過去にバカなことしたなぁと思うような経験をされている方が、「あ、もっとバカな人がいたな」と笑ってくれて、少しでも心が軽くなってくれたとしたら本望です。

ちなみに、ここで紹介した以外に、レポーターとしてメインパーソナリティで出演させていただいた「TVウォーカー(テレビ東京)」や、ゴールデンタイム放映で大人気だった「スキヤキ!!ロンドンブーツ大作戦(テレビ朝日)」、「たけしの万物創世紀(テレビ朝日)」など、もっとちゃんとした形で出演させていただいた番組のデータを残念ながら紛失しているので、見つかり次第アップします。

すべての経験が宝物

わたしは、どんな経験であっても無駄なことは1つもないと信じています。その経験が他人に評価されたかどうかなんて関係ありません。

私のタレント活動は全く世間からは評価されませんでしたが、芸能活動の経験を通して培った度胸、ムチャ振りに対応できる順応性とコミュニケーション能力には自信があります。

ただ当時は目の前の仕事にひたすら一生懸命取り組んでいたわけですが、20歳前後の若気の至り的なおバカな動画の数々は、穴を掘って土ごと一緒に埋まりたいほど恥ずかしい映像です。

それでも、あの頃があったから今があると思うと、すべての経験が宝物です。

以上、セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)でした!

* * * * *

シングルマザーとして海外移住をした経験について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

【スポンサードサーチ】

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

セブ親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの日系語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代・職種の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる
≫ 詳細はこちら

はなの独り言の最近記事

  1. 【通勤電車内で人間観察】交通広告にバカ高い費用を投下し続ける大企業はヤバイ!安定よりも変化…

  2. 【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高へ行きたいという受験生を否定す…

  3. フィリピンで髪を切って失敗した人に朗報!セブの日本人経営の美容サロンでおしゃれヘアカットが…

  4. 【SNSで社会が変わる】吉本興業の闇営業問題について芸能界の片隅にいた私が思うこと

  5. 【フィリピンで大人気のGrab】セブ親子留学中の必須移動手段!Grab Taxiとデリバリ…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. はなの独り言

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
  2. 英語学習について

    親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力…
  3. 英語学習について

    家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法【お…
  4. フィリピン親子留学

    【フィリピン親子留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ短期留学…
PAGE TOP