孤独な子育てから卒業!セブ親子留学からフィリピンに教育移住して"人生に花が咲いた"母と子。子供の可能性を広げるために挑戦し続けるワーママの体験ブログ

  1. ワーママ・子育て中の働き方
  2. 9182 view

セブ島に親子で移住したいママさん大歓迎!フィリピン新規事業の現地マネージャーを募集します

フィリピン親子留学事業の現地マネージャーを募集しています。セブ島に親子で移住したいママさん大歓迎です。

一緒に親子留学業界にイノベーションを起こしましょう。

日本の子育ての常識を一緒に変えたい人、募集しています!今回はそんな求人詳細を紹介します。

ママ・赤ちゃん留学とは

ママも赤ちゃんもセブ島で英語を学び、世界で活躍できる力をつける親子留学プログラムです。

日本経済新聞はじめ、メディアにも多数取り上げられ、昨年の事業スタートから急成長中!たくさんのママがお子さんと一緒にセブで学んでいます。

【スポンサードサーチ】

日本の子育ての常識を一緒に変える人材求む!

ママ・赤ちゃん留学の現地マネージャーを募集します。ご自身のビジネス経験だけでなく、子育て経験が活かせるお仕事です。

日本には「子供が小さいうちは母親は自分のやりたいことは我慢して、子供を第一優先にするのが当たり前」という古い常識があります。

そのため、母親は「自分の時間が欲しい」なんてことは堂々と言えない空気で抑えられています。

その常識って本当に正しいですか?

ママ・赤ちゃん留学ならやりたいことを実現できます。日本の子育ての常識を一緒に変えましょう!

お願いしたい主なお仕事

  • ママ・赤ちゃん留学「キッズ事業部」の現地立ち上げと統括
  • スタッフの採用、KPI設定、管理
  • 授業カリキュラム、宿泊設備のクオリティ管理 など

日本のママ・赤ちゃん留学事業部と、現地学校スタッフと連携を取りながらお仕事を進めていきます。

働きながらご自身の英語の勉強や、お子様を現地インターナショナルスクールに通学させることも可能です。

また職場と住まいは徒歩6分なので、子供と過ごす時間もしっかり確保できます。海外勤務となると、お仕事だけでなく生活面でも不安が多いかと思います。

4年間セブで子育てをしながら語学学校の立ち上げや運営に携わってきたわたしが、そのあたりのお話もしっかりさせていただきます。気になることなど何でもご相談ください。

ママ・赤ちゃん留学の魅力

 

    1.ママが育児の大変さから少しでも解放され、自分磨きができる機会が得られる
    2.子供がすべての言語周波数をキャッチできる幼少期に英語耳を鍛える環境が得られる
    3.ママも自分の時間を確保し、子供の前ではストレスなくニコニコしていたい!を実現できる

 

お子様をベビーシッターさんに預けている間に、ママも学校に通い、英語を勉強します。

また学校が終わった後もシッターさんと一緒に子育てをすることにより、ママも自分の時間を確保。子供が英語のシャワーを浴びている間に自分磨きに時間を使うことが出来ます。

プロジェクトの想い:日本のすべてのママをニコニコママへ

こんな想いで立ち上がったプロジェクトが、ママ・赤ちゃん留学です。

日本の子育ての常識を一緒に変えませんか


セブオフィスの日本人スタッフ達です。

日本には「子供が小さいうちは母親は自分のやりたいことは我慢して、子供を第一優先にするのが当たり前」という古い常識があります。

そのため、母親は「自分の時間が欲しい」「思いっきりこんなことをやりたい」「自分磨きのために留学したい」なんてことは堂々と言えない空気で抑えられています。

実際にママ・赤ちゃん留学プロジェクトを始めてからは、「ずっと前から留学に興味はあったけど、子供を産んでからもう無理だと諦めていました」という声をたくさん聞きました。

日本では、子育ての全責任を母親に押し付けて、母親をがんじがらめにしているのです。子供には子供の人生があり、母親には母親の人生があります。欧米では当たり前な価値観です。

自分のやりたいことを諦めないで欲しい。ママが自分の人生を楽しんでいると、そのイキイキと輝く気持ちが子供に伝わります。ママが苦しい思いをしていても、丸ごと子供に伝わります。

子供って母親の些細な心の変化に本当に敏感です。

「 日本のすべてのママをニコニコママへ 」

この理念が、日本のすべての赤ちゃんをニコニコ元気にすることにも繋がると信じています。

採用後はセブ島で生活をしていただきますが、宿泊施設は経済特区であるセブビジネスパークに位置し、親子での生活も安心・安全・快適に過ごしていただけるエリアとなっています。

スタッフと講師あわせて35名とまだまだ小さな学校ですが、日本人スタッフも5〜6名が常駐しておりとても活気のある職場です。現在、わたしを含めてママ達が活躍しています!

一緒に親子留学業界にイノベーションを起こしましょう。ご応募お待ちしています。

※2019年08月17日19:24追記:
驚くほどたくさんのママさんからフィリピン新規事業のマネージャーにご応募いただきました。同じ想いを持つママさん達との出会いがとても嬉しかったです。
マネージャー決定後も当サイトにて学校スタッフの募集を行い、素晴らしい人材に恵まれることが出来ました。本当にありがとうございます!

※2019年12月17日22:30追記:
東京で一緒に働いてくれる親子留学カウンセラーを募集しています。「ママ・赤ちゃん留学」を盛り上げて日本の子育ての常識を変えましょう!

セブ島現地スタッフの募集は終了しましたが、海外経験者・留学経験者専門の転職サイトは「Beyond Border」がおすすめです。真剣に海外移住を検討している方はこちらをご登録ください。

* * * * *

2児の母である私が親子留学先、移住先にフィリピンのセブを選んだ理由について書いた記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

一生懸命取り組んできたことすべてが財産となる

お問い合わせをくださったひとりひとりに真剣に向き合ってきたこと。涙が溢れるほど心が震えたお返事。

セブ親子留学からの母子移住体験はもちろん、全力で取り組んできたブログでの子育て情報発信や人生相談もぜんぶ、わたしの財産です。

たくさん頂いたお問い合わせとその回答をまとめました。紹介記事を書きましたので、もしよかったら読んでください。

産後うつで死にたかったけど、生きる希望が涌いた!はなブログに寄せられた人生相談をまとめたら2万字を超える真実のドキュメンタリーエッセイができた

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。シングル育児。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

ワーママ・子育て中の働き方の最近記事

  1. 40歳主婦が親子ではじめるフォトショップ!公式価格と初心者におすすめの無料チュートリアルを…

  2. サイトタイトルを途中で変更してもSEOは問題ない!4年運営してるブログサイト名をすっぱり変…

  3. 【実例紹介】ブログタイトルの決め方でアクセスが劇的に上がる5つの方法

  4. 大チャンス!新しい時代に子育て中のママが活躍できる副業・おすすめ在宅ワーク3選

  5. ママだって子供を置いて海外出張に行くし、自分のキャリアは自分で決めるし、自分の人生楽しむ!…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子育て・育児について

    子育てもセブ親子留学もフィリピン移住も!一生懸命取り組んでき…
  2. フィリピン親子留学

    【セブ親子留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くフィリピン短期留学…
  3. 子育て・育児について

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
  4. フィリピン親子留学

    親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力…
PAGE TOP