セブ親子留学 /フィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に働く2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. 子育て・育児について
  2. 1022 view

子供の愛情を一身に受けることができる幸せ。ワンオペ育児もシングルマザーも、どんな状況もとらえ方次第

こんにちは。セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)です。

わたしは本当に幸せものです。

「しあわせはいつも自分のこころが決める」
という相田みつをさんの言葉どおり
どんな物事も、状況も、とらえ方次第。

とらえ方によっては、
子供が生まれてからずっと孤独なワンオペ育児で疲れ果てたママですが、

とらえ方を変えれば、
子供の愛情を一身に受けることができるとってもとっても幸せなママだから。

ストレスからか疲れが溜まっているのか右眼の下まぶたがピクピク痙攣(けいれん)し続けていて、ゆっくり休もうと思った週末。

思いがけず、子供から料理と手紙のプレゼントをもらいました。

【スポンサードサーチ】

はじめて娘が作ってくれた料理とお手紙


小学3年の娘が中学2年の息子に協力してもらいながら、はじめて自分ひとりで作ってくれた料理。

美味しそうな焼き色のたまご焼きに「♡まま♡」とケチャップで書かれてあり、わたしのために一生懸命作ってくれたことが伝わってきて本当に本当に嬉しかったです。

 そして、たまご焼きに添えるように娘が手渡してくれたお手紙はこちらです。

(表紙)


(裏表紙)


(お手紙の文面)

ままへ

まま、○ちゃんね、ままのことが大〜すきだよ。
○ちゃんね、ままといっしょににいるときが、いちばんしあわせだよ。

ごめんね。この前、ままがすごくか(な)しむようなことを言ったり
他にもままがきずつくようなことを言って、
○ちゃんは、こうかいしているよ。
じつはね、ままがおもしろい顔して、おどろくから、
○ちゃんは、おもしろがってやってたから、
強がっていたから、ごめんね。

まま、一ばん大すきなのはままだよ。
いつもおしごとやってくれてありがとう。

小さな体と心で、自分の言動がママを傷つけてしまったかもなんて一生懸命考えてくれているのだなぁと強く感じ、胸が熱くなりました。

子供の言葉はなんだって可愛い

ママが傷つくようなことを言ってごめんねって言われても
何を言われたのかさえ思い浮かばないのだけれど、
もしかしたら、このツイートの内容のことでしょうか。

いや、このツイートの言葉あたりかもしれない。

それとも、この直球ストレートかな(笑)

大丈夫だよ。ママはあなたに何を言われたって、なんだかんだその厳しい言葉さえも可愛く思えてしまうのだから。

子供はママの心の影響を一番に受ける

じつは、先日、わたしが強盗・強姦未遂事件の被害にあってから、娘がわたしの行動に対して敏感に反応しています。

強盗・強姦未遂事件についての詳細記事はこちらです。

わたしの帰宅が遅くなると、
「まま、じこなく帰ってこれますように。ままだーいすき。」
とおばあちゃんの携帯からメッセージを送ってくれたり、

わたしが何かしらの代金を親に支払おうとすると
「ダメだよ。ママのお金がなくなっちゃうから。」
と止めようとするのです。

娘は、事件直後のわたしの出血した顔を見ているし、警察が何度か家に来てわたしが事情聴取を受けているところも見ています。

なにが起こったのか娘に何度も聞かれたので、ママは悪いひとにお財布を盗まれてしまったこと、その時に悪いひとに殴られて怪我をしてしまったことを伝えました。

中途半端な嘘をついて真実を隠すよりも、きちんと現実社会の危険を伝えたかったし、小学校の登下校時に注意すべきことなども合わせて伝えたかったからです。

しかし、事件後、わたし以上に精神的に不安定になっている娘の様子に気づき、真実を伝えるべきではなかったのではないかと自問自答しています。

なんど考えてもその正解はわかりませんが、あらためて痛感したことは、子供はママの心の影響を一番に受けるということです。

子供の愛情を一身に受けることができる幸せ

自分の心身がしばらく不安定だったことはもちろん、娘の心の状態についても心配で、今後が不安でしょうがなかった時のツイートです。

わたしは本当に幸せものです。

「しあわせはいつも自分のこころが決める」
という相田みつをさんの言葉どおり
どんな物事も、状況も、とらえ方次第。

とらえ方によっては、
旦那が子育てにまったく協力してくれず
子供が生まれてからずっと孤独なワンオペ育児で
今では実質シングルマザーとして実家に身を寄せ
仕事と育児とPTA活動で疲れ果てたママですが、

とらえ方を変えれば、
こんなに可愛い子供2人を授かることができて
子供たちの成長を近くで見ることができて
子供たちの愛情を一身に受けることができる
とってもとっても幸せなママです。

いつも全身で愛情を表現してくれる子供たちに
心からの感謝を伝えたい。

生まれてきてくれてありがとう。

一生懸命取り組んできたことすべてが財産となる

お問い合わせをくださったひとりひとりに真剣に向き合ってきたこと。涙が溢れるほど心が震えたお返事。セブ親子留学からの母子移住体験はもちろん、全力で取り組んできたブログでの子育て情報発信や人生相談もぜんぶ、わたしの財産です。

たくさん頂いたお問い合わせをまとめました。紹介記事を書きましたので、よろしければどうぞ。
https://hanasacademia.com/post-5879

【著者】近藤英恵(コンドウハナエ)プロフィール

親子留学カウンセラー/ハナマルサロンオーナー。子供2人を連れてフィリピン親子留学後、母子で4年間の教育移住。セブの語学学校勤務を経て、新しい学校の設立と運営を経験。 セブでは幅広い年代の日本人2,000人以上の現地サポートをしながら、フィリピン人約1,000人の面接、マネジメントに携わる…
≫ 詳細はこちら

子育て・育児についての最近記事

  1. セブ親子留学もフィリピン移住体験も子育て相談も、一生懸命取り組んできたことすべてが財産とな…

  2. 子供には世界の広さを体感してもらいたい!セブ親子留学を実現したいシングルマザーからの胸が熱…

  3. フィリピン、セブに母子移住して人生が変わった!死にたくなるほど育児に悩んだ私が子育てを楽し…

  4. 【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高へ行きたいという受験生を否定す…

  5. 親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力維持のためのおすすめオンライン…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    セブ親子留学もフィリピン移住体験も子育て相談も、一生懸命取り…
  2. はなの独り言

    【子供の進路が不安?】不登校の中学生だってダイヤの原石!N高…
  3. 英語学習について

    親子留学したのに子供が英語を忘れてショック!帰国子女の英語力…
  4. 英語学習について

    家族で海外移住を実現するためのスキルと英語力を上げる方法【お…
PAGE TOP