セブ親子留学とフィリピン母子移住をきっかけに世界を舞台に活躍する2児の母。教育は子どもへの最高のプレゼント、親子留学で自分自身と子供の可能性を大きく広げよう!

  1. はなの独り言
  2. 71 view

ママだって子供を置いて海外出張に行くし、自分のキャリアは自分で決めるし、自分の人生楽しむ!

こんにちは。セブ親子留学カウンセラーのハナ(@harunatzy)です。

先日、以下のツイートをしました。

今日から1週間セブに行ってきます。

ママだけど、子供を置いて海外出張にも行くし、自分のキャリアは自分で決めるし、ビールもたらふく飲む。

これって男性(父親)が普通にやってることで、女性(母親)がするとバッシングや議論の対象となるのはなぜだろう?

ママだって自分の人生楽む!!!

想像以上に反応があったので、こちらのツイートの内容について深掘りしたいと思います。

ママだって子供を置いて海外出張にも行くし、自分のキャリアは自分で決める


わたしは子連れで海外出張に行くこともあれば、子供を両親に預けて単身で海外出張に行くこともあります。

理由はシンプルで、仕事上、定期的に海外に行く必要があるからです。

男性が普通にやってることを女性がすると批判されるのはなぜ?


子育て中の父親が、子供を置いて海外出張に行っても、妻の意見に従わずに自分自身のキャリアを設計しても、子供を置いて深夜まで飲み会の席にいても、特に世間から批判されることはありません。

しかし、同じことを子育て中の母親がすると、批判の対象となるのはなぜでしょうか?

きっと誰も、納得できる理由を答えることはできないと思います。なぜって、それは単なる「性差別」だから。

父親も母親も同じ「親」なので、子育てにおいては義務も責任も同等のはず。

それなのに片親(片方の性別)だけ責めるのは、「性差別」以外のなにものでもありません。

シングル育児は責任も重いが、その責任の重さと同じくらい人生選択における自由がある


わたしは事実離婚(7年別居)中のシングルマザーなので、生活費は自分で稼がなければいけないですし、キャリアの選択はもちろん、これからの人生設計もわたし自身の決断次第です。

2児の母としてシングル育児は責任も重いですが、その責任の重さと同じくらい人生選択における自由があります。

考え方次第では、ママでありながら自分の人生を謳歌しています。

そう、ママだって自由なんです。

「男は外で働き、女は家を守る」という典型的な日本の古い価値観に縛られていた過去


8年前、専業主婦だった頃の自分は「男は外で働き、女は子育てをして家を守る」という典型的な日本の古い価値観をもっていたので、母親が外でバリバリ働き子供を置いて海外出張まで行くなんてことは1ミリも考えられませんでした。

しかし、こうして母親の役割も、父親の役割も同時に抱え、世界を飛び回って働いている今のわたしは、「男は外、女は家」みたいな日本の古臭い考えは微塵もないです。

セブでの移住生活や様々な国の価値観に触れた経験により、考え方が180度変わったのだと思います。

人生は一度きり。ママだって自分の人生を楽しもう!


わたしは2児の母ですが、子供を置いて海外出張にも行くし、自分のキャリアは自分で決めるし、ビールもたらふく飲みます。

なぜなら、責任のある仕事を全力でやり遂げる背中、大人になっても勉強を続ける姿勢、人生を思いっきり楽しんでいる笑顔を子供たちに見せ続けていきたいから。

人生は一度きり。ママだって自分の人生を思いきり楽しんでいきましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

はなの独り言の最近記事

  1. ママだって子供を置いて海外出張に行くし、自分のキャリアは自分で決めるし、自分の人生楽しむ!…

  2. シングルマザーだって子供の可能性を諦めない!セブ親子留学/移住を考えている女性限定の無料オ…

  3. 【東京観光おすすめスポット紹介】オーストラリア留学時のホストファミリーが日本旅行に来たので…

  4. YouTube番組の動画制作で親子対決!中2の息子と39歳の母親どっちの動画編集が面白いか…

  5. 事実婚が認められるなら事実離婚も認めるべき。シングルマザーの母子手当問題・DVから避難して…

関連記事


おすすめ特集記事

  1. フィリピン親子留学

    【第1回短期留学ツアー】近藤英恵と一緒に行くセブ親子留学参加…
  2. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  3. はなの独り言

    母親だからって夢を諦めないで欲しい。自分の人生は自分のものだ…
  4. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
PAGE TOP