セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子育て・育児について
  2. 310 view

子供を殺してしまおうか、それとも私が死のうか。今までの相談と回答 FAQ [ 子育て・育児 ]

現在、子育てや育児に関する相談はお受けしておりません。

お願いだから死なないで。このメッセージを読んで涙が溢れました。私は、息子が生まれて生後半年くらいのときに産後うつを発症しました。

その時、辛い状況を相談した家族(特に義母)からは「母親なら当たり前の仕事。家事と育児しかさせてないじゃない。外で働きながら子育てしてる人を見習いなさい。」と言われ、精神的にさらに参っていくのが自分でもわかりました。

それから3回の入院を繰り返し、今は自宅療養中です。子供は保育園に預け、毎日最低限の家事をこなし、あとは横になっています。どうしたらこの状況を打破できるのか、いろいろ調べているうちにこのブログを見つけました。

私も良妻賢母を目指していたような気がします。でも、なれていません。子供はまだ2歳なのに、私が横になっていると、重い掛け布団をずりずりと引きづって持って来てくれます。そんな我が子に涙が出て、母として情けなく感じる毎日です。

今のままではいけないことは分かっています。保健師さんからは、もう少し涼しくなったらいろいろ考えて行きましょう。今は大変な暑さだから、体調管理が第一です、と言われています。

明日は通院日です。主治医の先生と会うのは二週間ぶりです。セブ島には行けそうもないけど、いろいろな人を頼って子育てしていけたらいいと思います。

ご家族からの理解がないという大きなストレスを抱えながら、産後の大変な時期を乗り越えてきたのですね。ご自身の苦しい状況をご家族に相談しても理解をしてもらえないという日々は本当に辛かったですね。

あなたは心が優しく真面目で、責任感が強いため、「自分がしっかりしなくては」とご自身を責め続けていらっしゃいます。「私は辛い」「それでも私は精一杯頑張っている」と自分自身を認めてあげてください。

あなたが、ご自身の行動を母として情けなく思ってしまうのは、今、あなたの心のバランスが崩れているからです。

あなたが母親業を怠っているわけでも、母親になりきれていないわけでもありません。あなたの心がSOSを出しているということです。

誰もがいきなり「母親」になれるわけではありません。出産後に降りかかる数々の試練や、苦しいこと、悔しいことなどから学びながら我が子によって少しずつ「母親」に成長させてもらうのです。

世の中に完璧な母親なんていないですよ。完璧な人間だっていない。人は不完全で当たり前なんです。あなたは、ありのままで、十分素敵なママです。

新たな生命を産み、1人の人間の人生に対して責任を負う「子育て」をすることは、とても大変な経験であると同時に、あなたを成長させてくれる大きな仕事です。

大丈夫。あなたは2年もの苦しい時期を乗り越えられました。これからは、きっと何だってできます。ぜひ、いろいろな人を頼って子育てをしてくださいね。

生きていくのが辛い

産まれた子どもがすごくブサイクで旦那にも私にも似ていなくて可愛くなくて、誰にも会いたくない、顔も見せたくない、生きていくのが辛くて辛くて

あなたはまだ産後1ヶ月なのですね。産婦のホルモンバランスが大きく変わり、心身ともに辛く落ち込んでしまう時期でもあります。

赤ちゃんのお顔がママにもパパにも似ていないとのこと、きっと驚きましたよね。

でも、どちらに似ているかなんて、まだまだわかりませんよ。生後1ヶ月の赤ちゃんのお顔なんてこれからどんどん変わります。生まれてしばらくはお猿さんのようなお顔をしているのが普通です。

旦那様やご両親など、周りにもっともっと頼ってください。あなたが、「誰にも会いたくない」「生きていくのが辛い」と思うのは今、あなたの心のバランスが崩れているからです。

あなたがワガママなわけでも、母親になりきれていないわけでもありません。あなたの心がSOSを出しているということです。

大丈夫。育児はまだスタートしたばかり。これから周囲の協力を得られるようになり精神的な余裕ができれば、きっとお子様への愛情が溢れてきます。

もしどうしても状況が変わらないようであれば、環境を大きくかえるほうが効果的です。

人が変わるためには3つの方法しかないと言われています。
①住む環境を変える
②付き合う人を変える
③時間配分を変える

親子留学をすると、上記のすべてが変わります。もし可能だったら、思いきって親子留学をしてみてください。本当に人生が変わります。

こんな母親でも、何とかなりますよね

産後うつについての記事を読ませて頂きました。私は、産後6カ月を迎え、死にたい、消えたいとふと考える機会が増えました。

『産後 死にたい』で検索をし、こちらの記事を偶然見つけました。涙が出ました。主人は、おむつ替えてくれます。お風呂入れてくれます。毎日会社で稼いでくれています。

こんな幸せな状況なのに、何を不満に思っているのかと自分が弱く情けなく感じ、反省しました。息子に、こんな母親でごめんねと思います。今も涙が止まりません。何がこんなに涙を出させているのかもわかりません。

でも、自分の状況はとても恵まれている。その事に気付けた事に感謝しています。気付かせて下さり、ありがとうございます。

こんな母親でも、何とかなりますよね。

あなたはとても繊細で、心が温かく、素敵なママです。私のブログを読んで涙を流してくれたということは、いま辛い思いを抱えながらも必死に育児を頑張っていらっしゃるのだと思います。

あなたは素晴らしい母親です。自信を持ってくださいね。

まだまだママになって6ヶ月。母親1年生です。どんなに立派に見える母親も、我が子とともに少しずつ成長していくのです。あなたの未来は可能性に溢れています!

産後うつから社会復帰したい

はじめまして。私は今年の1月に双子の赤ちゃんを出産し、重度の産後鬱になってしまいました。双子と3歳の子の3人育児が壮絶すぎて、双子なんて産むんじゃなかった、赤ちゃんと一緒に死ぬしかない、と思うようになり、赤ちゃんを虐待する寸前で、精神科を受診した時には入院を勧められるほどでした。

今は医者の指示で、子供から離れて身内である姉の家で療養中です。療養は3ヶ月必要とのことで、1ヶ月半ほど過ぎた今、ずいぶん落ち着いてきましたがまだ調子の波はあります。

薬物治療もしていますが、双子の赤ちゃんに対してはトラウマになってしまい、自分の子供と思うだけで責任に押しつぶされそうになり、お世話はおろか、存在すら受け入れられないときもある状態です。

医者によると、鬱病は治るが、子供に対する感情は消えない可能性が高いとのことです。私は上の子を育てるだけで精いっぱいなので、子供のいない姉夫婦に双子の赤ちゃんを育ててもらうことで話が進んでいます。

将来的には姉夫婦に養子縁組をしてもらうことも考えています。3ヶ月の治療ののちに、今後について主人と話し合う予定ですが、私が赤ちゃんを育てられないことを理解してもらえるか不安です。

私の病気についてどこまで理解してもらえるか、私の気持ちにどこまで歩み寄ってくれるのかわかりませんが、きちんと向き合って話をしないといけないと思います。

このようなケースはありますでしょうか?また、私はどうすれば病気が良くなり、以前のように社会復帰もできるのでしょうか。

あなたは双子の赤ちゃんをご出産され、上のお子様含め3児の育児をされてきたとのこと本当に大変な中、頑張ってこられたのですね。双子の育児は、想像をしただけで壮絶です。本当に本当に大変でしたね。

責任感が強く、頑張り屋さんだからこそ自分で自分を責めて追い詰めてしまったのだと思います。あなたは、頑張って頑張って頑張りすぎてしまい心身のバランスが崩れてしまったのです。

今はゆっくりとご自身の心を回復することに努めてください。大丈夫。子供に対する感情は変わります。私自身、2人目を出産してから数年間は、上の子のことを以前のように可愛いと思えない日々が続きました。

自分で自分の感情をコントロールできずにイライラしては怒鳴ってしまって自己嫌悪になってばかりでした。もうこの感情は変わることはないだろうと思っていましたが、フィリピンに親子留学して環境を変えたらビックリするくらいに変わったんです。

何がキッカケで変わるのかはわかりませんが、
 感情は変わるということ
 自分は変わるということ
それらは紛れもない事実です。

お姉さん夫婦が双子の赤ちゃんを養子縁組してくださるならそれも素晴らしい選択肢の一つです。どうか未来に希望を持って生きてください。

あなたの未来も、お子様たちの未来も、可能性に満ち溢れているということを忘れないでくださいね。旦那様との話し合いが良い方向に進むことを祈っています。

産後1ヶ月から妻の様子が変わってきた

妻のことでご相談したいです。2月末に第一子を出産しました。初めての子供なので、大事に大事に育てているつもりです。

ただ、一ヶ月が過ぎたあたりから妻の様子が変わってきました。子供は本当に良く泣くのですが、何をしても泣き止まない子供を見て、何をどうしたら良いかわからない、育児が辛い、死んじゃいたい、泣き声を聞きたくない、と話すようになりました。

保育所等での1日数時間の一時預かりを利用するように促して、リラックスする時間を持つように話をしても、2,3日経つと、かわいそう、できるだけ自分で子育てを頑張りたい、と言います。

そしてしばらく経つと、育児が辛い、死んじゃいたい、その後また、自分で頑張りたい、この繰り返しです。妻から死んじゃいたいという言葉が出るたびに、私も胸が痛みますし、子供がいない方が良かったと思うことも正直あります。

妻の実家は今の住まいから近いのですが、義父母は仕事をしている都合で、私が仕事で不在の時に妻と子供のことを見てもらうことは不可能です。私の実家は少し遠いため、たまに妻と子供のことをお願いできても、いつもという訳にはいきません。

子供が生まれて以来、私は仕事をできるだけ早めに切り上げて、18時半頃には帰宅するようにしていますし、妻とは頻繁にコミュニケーションをとっているつもりです。そして、土日はなるべく妻に負担をかけないように、子供の抱っこや寝かしつけはしているつもりです。

私は妻と子供に何ができるでしょう。妻に何と声をかけたら良いか分からず、悩んでいます。

奥様が、第一子出産後の育児に思い詰めていらっしゃるとのこと、とても心配ですね。あなたは奥様のことをとても大事に思われています。ご自分に何が出来るのかを真剣に考えられているお気持ちが伝わります。

ご家族に真剣に向き合い、今できることに精一杯取り組んでいらっしゃり本当に素敵な旦那様で羨ましいくらいです。

女性は出産後、半年くらいはホルモンバランスが急激に変化するため精神的に不安定になりやすい時期です。たとえ何も出来なくても、とにかく奥様の心に寄り添ってあげてください。

奥様は責任感が強く、「できるだけ自分で子育てを頑張りたい」というよりも「自分が子供の面倒を見なければ」という意識が強いのではないかと思います。

もし可能なら、奥様に私のブログを読んでもらうことはできますか?

「永遠に思えるような大変な育児の期間も、終りが来るということ」
「育児が完璧ではなくても、子供はすくすく育つということ」
「ママが幸せであることが、子供にとって一番の幸せであること」

それらのメッセージを伝えられたらと思います。

また、もしご希望であればお電話で奥様とお話させていただきます。あなたとご家族の状況が少しでも良い方向に進みますようにお祈りしております。

子供を殺してしまおうか、それとも私が死のうか

今とても辛いです。死にたい。いなくなりたい。皆に迷惑かけたくない。死にたい。いなくなりたい。

二人目欲しくてできたのに、男の子と、わかり嫌で嫌でしかたなかったです。姉妹がよかった。上の子にできなかった余裕があってかわいいふたりを見る生活。想像してました、でもむり。わかんない、男の子なんて生き物無理。嫌い。

でも産まれたら可愛くなる。と言う言葉を信じて産もうと決めました。8ヶ月の事赤ちゃんの脳の病気がわかりました。もしかしたら生きれてもチューブが沢山つながった人生になるかもしれない、そう言われました。でも自分で呼吸できます。泣けます。おっぱいのめます。なんにも普通な子です。

なのに男の子だということが受け入れられない。なんで女の子 じゃなかったの?なにをまちがえたんだろう。人生おわった。女の子だったら今のじかんしあわせだった。この時間がもったいない。子供殺してしまおうか、それとも私が死のうか。そう考えています。

たすけて。

あなたは二人目のお子様が男の子だったこと、脳に問題があるかもしれないと告知されていたこと、とても辛かったですね。苦しいなかで幼い2児の育児をされていて、心身ともに余裕がなくなり、心が悲鳴をあげているのだと思います。

あなたは何も間違っていません。2人の命をこの世に産んだ、素晴らしいお母さんです。

私も一人目は絶対に女の子が良いと思っていて産み分け方法も徹底的に調べていたので、男の子とわかった時はショックでした。お気持ち本当によくわかります。

それでも、息子が何ヶ月になった頃からか、私は息子が可愛くて仕方ないと感じるようになりました。今はまだあなたの二人目のお子さんは1ヶ月ですよね。まだまだ意思疎通もできず、可愛さもへったくれもない時期です。

お子様に愛情を感じられないことを焦ったり、ご自身を責める必要はまったくありません。確かに、乳幼児期の男の子は女の子に比べて病気にかかりやすかったり、手がかかります。

しかし、実際、兄妹で上の子が男の子だと、まったく面倒を見ないどころか下の子を泣かせてばかりでしたが、姉弟で上の子が女の子だと、おままごとの延長線でよく下の子の面倒を見てくれると聞きます。

あなたのお子様たちは素敵な姉弟になれると思います。それよりも、今はとにかく、あなた自身の休息が必要です。

住んでいる自治体に、育児相談窓口があるはずです。状況によっては、保健師さんを派遣してくれます。どうか相談してみてください。あなたとお子様たちが健やかでありますように。陰ながらお祈りしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子育て・育児についての最近記事

  1. 通勤片道2時間フルタイム会社員ママブロガーのライフハック!事実離婚シングルマザーのライフス…

  2. 育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話…

  3. 中2の息子と39歳の母親がYouTube番組の動画制作で親子対決!どっちの動画編集が面白い…

  4. 14歳の息子の進路に向き合う今。親の都合で振り回した子供への後悔と感謝と希望と淋しさ。

  5. 毒親に育てられたために苦しんで生きてきたあなたへ伝えたいこと。

関連記事


おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP