セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子連れで海外移住
  2. 1277 view

よくある質問 FAQ [ シングルマザー海外移住・ママ留学・親子留学 ]

フィリピンセブへの海外移住について

シングルマザーでも海外移住できる

私は昨年末離婚したばかりのシングルマザーですが、海外移住はできますか。

移住の方法として一番スムーズなのは、親子留学からの移住です。いきなり現地の不動産探しや交渉、仕事探しなどをするのはハードルが高いですが、親子留学をすれば滞在中に現地スタッフのサポートを受けながら移住の準備をする経験ができます。

親子留学・海外移住をするための初期費用はどれくらいあれば大丈夫でしょうか??

私の場合は貯金もなかったので、親に100万円を借りて母子でセブ移住をしました。現地就職して生活が軌道に乗ってから現地で貯金できたので、2年後には完済しました。

親子留学1ヶ月の費用は、約40万円です。

親子留学にかかる費用の詳細を書きました。もしよかったらお読みください。
https://hanasacademia.com/post-5313

小さい時の方が良い、などメリット・デメリットはありますでしょうか??

子供を英語に触れさせる年齢は何歳ころがいいか?というのは諸説あるところです。私がセブに移住した時、うちの下の子は2歳、上の子は7歳でした。

「子供の英語教育って何歳から始めればいいの?」というご質問をよくいただくので、わたしの経験からの答えを書きました。もしよかったらお読みください。
https://hanasacademia.com/post-393

現地就職するためには、フィリピン人との日常英会話力が必要

現地就職するためには、現地でどのくらいまで英語をマスターしなければならないのでしょうか?

就職する業種や職種にもよりますが最低でも、同僚となるフィリピン人との日常英会話力が必要です。社内の他のメンバーと意思疎通ができる英語力がないと誤解が生じたり業務に差し支える可能性があるからです。

フィリピンで年収400万円

フィリピンで年収400万円稼げるのは、どんな職業の方でしょうか?

フィリピンに移住した日本人で年収400万円稼げるのは、語学学校/不動産会社のマネージャークラス、IT企業の営業、エンジニアなどです。現在フィリピンで急成長している業界となります。

修学前に戻るべきのような気もして不安です

今はまだ小学校入学前なのでいくらでも親の判断で幼稚園をやめられますが義務教育となると、戻ってから周りの学力に追い付くまでのことを考えると、修学前に戻るべきのような気もして不安です。

おっしゃる通り、帰国のタイミングは早ければ早いほうが日本の教育課程に基づく学力に戻るのも早いです。ただ私の息子の場合は小学6年に進級するタイミングで帰国しましたが、国語力なども含めて同学年の生徒の学力にスムーズに追いつくことができました。

詳細はブログに書きましたので、もしよかったらお読みください。
https://hanasacademia.com/post-4796

子供を学校に入れ、自分も働くことができる

14歳の子供を現地中学に入れながら、4歳の子供を幼稚園へ入れ、それらを叶えながら自分も働く、そういった事が可能なのでしょうか?

4歳のお子様が通う幼稚園は、それほど英語力がなくても入園できますが、14歳のお子様が入学する現地校は、入学テストで英語力が問われます。

フィリピンの学校は、タガログ語の授業を除きすべての教科を英語で学習するため、英語で読み・書き・聴き・話すことができないと授業についていくことができないからです。

そのため、まずは語学学校で集中的に英語力を磨き、その後、現地校に入学するという流れがおすすめです。

英語ができなくても親子留学はできる

英語力が乏しく、旅行ではさほど困らない程度しか話せませんが、それでも親子留学できそうでしょうか。

全く問題ないです。フィリピン留学はマンツーマン授業が大きな魅力のひとつなので、むしろ初心者が多いです。アルファベットのA〜Zまでの全部が書けないという人も留学に来ていて、最後は日常会話に支障がないレベルになっていました。

現時点で既に旅行でさほど困らない程度に話せるのであれば、より高い目標が達成できますよ。また、留学中に本当に困ることがあった時も日本人スタッフがいるので安心です。

60代、70代でご留学される方はたくさんいた

50代の時、英検2級合格してそれから準1級13回受けましたがずっとだめでその間まごができたり仕事をしたりで一貫した勉強をしてこなかったものの英語を捨てきれません。

昨年6月受けたのが最後にならないよぅ戦っていく私は無謀ですか?年は60代です。あなたのがんばりには脱帽です。

素晴らしい向上心に、わたしの方こそ脱帽です!60代の戦いは無謀でもなんでもありません。

私がセブの語学学校で働いていた約4年の間、60代、70代でご留学される方はたくさんいらっしゃいましたし、最高齢の方は、83歳の勉強熱心でいつも凛とされている、格好良いおじさまでした^^

尊敬の思いとともに、私もこんな風に年を重ねたいと強く思ったことを覚えています。いくつになっても、自分のやりたいことや夢を諦めずに努力を重ねる人は輝いていますよね!

あなたのご挑戦、ぜひ応援させていただきたいです。

日本にいながらの学習だと(一部の超優秀な人は除いて)やはり限界がありますし、私の場合、留学を通して英語力を上げられたことが一番の鍵でした。

働きながら○歳の息子と親子留学につきましてまだチャレンジ可能でしょうか。

もちろん、チャレンジ可能です!

現地の幼稚園への入園条件はありますか。

セブの幼稚園は語学力に関係無く入園可能です。

現地の小学校への入学条件はありますか。

語学力のテストに合格しないと入学できません。ほとんどの小学校は入学テストの結果が悪くても入学はできますが、下の学年に入れられてしまいます。

その場合、たとえば小学校1年生のお子様だと、幼稚園の年長さんの学年に入れられるということになります。

シングルマザーとしての就職と医療が不安です。

私自身、現地で住居探し、就職をして生活を軌道に乗せるまでは多くの不安がありました。状況により進め方が変わりますので、お問い合わせください。
お問い合わせはこちら

日本の家族に会えないのは寂しい

留学中、旦那様やご両親(お子さんたちにとっては祖父母さん)に会える機会がほとんどなかったかと思いますが、お子さんたちへのマイナス面を感じることはありませんでしたか。

これはあります。子ども達は当初の1年くらいは問題ありませんでしたが、長期になればなるほど日本の家族に会えなくて寂しがることが増えました。丸4年で帰国した理由の一つです。

ママ留学について

期間、必要な資金を教えてください。

ご希望の期間やお子様の授業、内容により異なりますので、まずはご希望をお伺いしたうえでお見積りを作成いたします。

親子留学に掛かる費用を書きました。
https://hanasacademia.com/post-5313

費用など相談したい

費用など相談したいのですが、全てメール対応になりますか?対面の相談はできますか?その場合、費用はかかりますか?

無料で個別カウンセリングを行っておりますのでご安心ください。

マクタン島のホテル(4日目)は何時からチェックインできますか?

マクタン島のホテル、ビスタマールリゾートのチェックイン時間は14時なので、後半2日間とも海を眺めながらのんびりされたいというご希望であれば、確かに前半2日間はセブシティで後半2日間はマクタン島に滞在するのが良いと思います。

コンドミニアムや物件を見ることはツアー中できますか?

もちろん可能です!

ツアーに夕食は含まれていますか。

お勧めのレストランをご案内させて頂きます。ただ、夕食のお食事代はツアーに含まれておりません。

子供の5歳の誕生日なので、どこかお祝いできるような所(ケーキとかがあるレストラン)などがあったら教えてほしいです

想い出深いお誕生日を過ごしていただけるよう、最適なレストランをご案内いたします。

クエストホテル&マクタン島のホテル共に、朝食ついていますか?

どちらのホテルも朝食はついています。

マクタン島のホテルまで送っていってもらえるのでしょうか?

セブシティからマクタンのホテルに移動される際は、有料で送迎を承ることもできます。その際は、弊社のバンでの送迎(日本人スタッフの同行なし)は3,000円で承っています。

タクシーだと、渋滞とかでなければ片道800円くらいです。タクシーを拾われる場合は、ホテルの入口のガードマンに伝えると呼んでくれます。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子連れで海外移住の最近記事

  1. よくある質問 FAQ [ シングルマザー海外移住・ママ留学・親子留学 ]

  2. 募集終了 よくある質問 FAQ [シングルマザー向け教育支援インターンシッププログラム]

  3. フィリピン親子留学中や海外移住をする時は住民票をどうすればいい?にお答えします。

  4. 小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教育移住・海外子育てを経験してお…

  5. 母子家庭だからって留学を諦めないで!英語授業料・滞在費無料の 「シングルマザー向け教育…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村