孤独な育児でノイローゼになりそうだった私。親子留学で接したフィリピン人の優しさに救われました。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. フィリピン親子留学
  2. 234 view

子供専門フォトスタジオで初開催!第6回オフ会 兼 セブ島親子留学専門校舎Kredo Kidsの開校記念イベント第3弾のご報告。

2018年5月15日、池袋の「子ども専門・月額制フォトスタジオ Studio feuille(スタジオフィーユ)」さんのスタジオ兼ラウンジにて、第6回オフ会 兼 セブ島親子留学専門校舎 Kredo Kids の開校記念イベント第3弾を開催しました。

さっそくですが、イベントの様子をご報告いたします。

第5回オフ会 兼 セブ島親子留学専門校舎Kredo Kids開校記念イベント第2弾の記事はこちら

セブ島親子留学専門校舎 Kredo Kids キャンパスとは?


今回オープンしたのは、これまでも多くの親子留学の受け入れ実績があるセブ島の語学学校Kredoの新校舎。なんと生後6ヶ月から留学できるママ・赤ちゃん留学プログラムを提供している学校です。


2018年5月14日、業界初!の親子留学専門校舎がセブ・ビジネス・パークにオープンしました。


注目すべきは、校舎も滞在先のコンドミニアムも立地も、すべてがグレードアップしたこと。そして、なによりも親子留学に特化したことで、授乳室やオムツ替えスペースなどの設備面・サービス面でも、ママと赤ちゃん、小さなお子さまがもっと過ごしやすくなったことです。


このセブ島親子留学専門校舎 Kredo Kids キャンパス開校の記念イベントでした!

オフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学の定期開催イベントとは?

今回の親子留学専門校舎 Kredo Kids キャンパスの開校記念イベントは、ママ・赤ちゃん留学カウンセラーによる定期開催イベントのひとつです。

定期オフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学のイベントは、こんな皆さまのために開催しています。

▶親子留学に興味はあるけど、子連れでオフィスカウンセリングには行きづらい。
▶ママ・赤ちゃん留学体験者の話を聞いてみたい。
▶一緒に留学する親子仲間を見つけたい。

上記に加えて、特に今回は下記にも特化して開催しました。

▶今年5月に開校したばかりのKredo Kidsキャンパスについて知ってもらうこと。
▶ママ・赤ちゃん留学の新しい滞在先コンドミニアム・周辺環境について知ってもらうこと。

初の試み!今回の会場は子供専門の写真スタジオ


今回は初めて、池袋の「子ども専門・月額制フォトスタジオ Studio feuille(スタジオフィーユ)」さんのスタジオ兼ラウンジで開催しました。


なんと、Studio feuilleさんのご厚意で、特別にプロフォトグラファーによる親子フォトのプレゼントをつけていただきました!

「ママがくつろぎ、思い出をたくさんのこせる空間に」をコンセプトとしたスタジオ兼ラウンジは、日差しがたくさん入っいてとっても明るいんです。


おもちゃもたくさんあって、赤ちゃんたちもご機嫌。ベテランの保育士さんがお子さまたちを預かってくれたおかげで、ママさん同士、ゆっくりお話ができました。

子連れ専門だけあって、授乳室があり、オムツ替えもOK。ママさんスタッフもいるので心強いです。

月額定額で通い放題、しかもアルバムもついているので、日常の親子フォトを残したい方にはおすすめです。池袋だけでなく、川口店(埼玉)と大泉学園店(練馬区)もあるそうなので、ぜひチェックしてみてください。

Studio feuille(スタジオフィーユ)池袋店の詳細

店名:Studio feuille(スタジオフィーユ)池袋店
電話:080-4195-6260
住所:東京都豊島区南池袋3-24-15 WISEビル4F
JR線他「池袋」駅 徒歩8分
都電荒川線「雑司ヶ谷」駅 徒歩3分
有楽町線「東池袋」駅 徒歩5分
お店のホームページ: http://refeuille.com/
営業時間:平日 10:00~17:00

第6回オフ会 兼 セブ島親子留学専門校舎 Kredo Kids の開校記念イベントの様子


2018年5月15日、池袋のフォトスタジオ兼ラウンジでイベントを開催。今回は、親子6組、12人が集まってくださり、保育士さんとスタッフもあわせて19人の賑やかなイベントになりました。

しかも、お子さまのほとんどが0歳の赤ちゃん。史上最低年齢の生後1ヶ月の赤ちゃんを連れてきてくれたママさんもいらっしゃり、小さな赤ちゃんたちに囲まれて幸せなひとときです。


ちなみに、今回のフォトスタジオでのイベント開催にあわせて、こんなフォトプロップスを弊社スタッフが手作りしてくれました!可愛すぎて感動です。

受付後、保育スタッフにお子さまを預けていただき、お席に。全員がそろったところで、まずは自己紹介から始めます。皆さまには、お名前やお子さまの紹介以外に、留学に行きたいと思ったきっかけや海外体験についてお話していただきました。

毎回参加者の傾向が若干違うのですが、今回は0歳児が多いだけあって育休中の方が多めな印象。1組はもう渡航が決まってからのご参加です。


自己紹介のあとは、わたし、近藤から「ママ・赤ちゃん留学」の概要と、モニター生募集要項のご説明。つづいてカウンセラーの萩原から実体験を交えた写真のスライドショー。

体験者の写真をたくさんお見せしたので、セブでの親子留学のイメージがかなり具体的になったとコメントをいただきました。

ママ・赤ちゃん留学カウンセラーへの質問タイム&フリートーク


最後は、交代でスタジオで写真撮影をしながらの質問&フリートークタイム。皆さま共通に浮かんでくる疑問や不安にお答えしました!

よくあるご質問については、こちらにて順次更新中です。

毎度、約2時間のプログラムはあっという間に終わってしまうのですが、今回はまだまだ続きます!

イベント後のランチカウンセリング会にはなんと全員参加!


ママ・赤ちゃん留学のイメージがより具体的になったら、次は個別のカウンセリング。滞在期間や授業コース、オプション内容によって、費用はバラバラなので、そこだけは個別にお時間を設けないとご案内できないんです。

通常はご希望者のみイベント後にオフィスへ移動していただき、個別のカウンセリングをするのですが、今回は初めて池袋での開催。新宿まで子連れで移動していただくのは申し訳なかったので、池袋駅近くで個室ランチをみんなでいただくスタイルを取ってみました。

事前にカウンセリングを希望してくださった方だけでなく、当日お声がけした方もいらっしゃったのですが、なんと全員が残ってくださり賑やかなランチ会となって嬉しかったです。

ランチの合間に、順番にひとりずつご希望の条件をヒアリングしていき、追って個別にお見積をメールで送らせていただきました。

イベントで親子留学の概要や情報を全部つかんで、カウンセリングで自分にぴったりの留学プランの費用感も把握できると、1日で疑問を全部クリアにできるので、とても効率がいいですね。


意気投合された参加者さんたち、最後には連絡先の交換までされている様子に感激。こうして親子留学コミュニティが大きくなっていくのをとても嬉しく思います。

イベントから1週間経った時点で、今回の6組の参加者のなかから、なんとすでに3組の親子留学が決定しました!また現地で再会できる楽しみも膨らみます♫

第6回オフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学イベント参加者の感想

参加者の皆さまのご感想を一部ご紹介します。

▶色々とお話を伺えて、留学に興味がある方々に出会えてとても有意義な楽しい時間でした。

▶ほかの参加者の皆さんともいろいろお話できて良かったです。行くまで参加自体を迷っていましたが、行って良かったです。セブ島での生活がリアルに感じられ、とても興味をそそられました。

参加者アンケートでも、満足度が高い結果になっています。

次回のオフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学のイベントは?

さっそく次回のイベントも企画しています。毎回、満席のお申込みをいただいておりますので、気になっている方はお早めにお申し込みくださいね。

<概要>

日時:  2018年6月19日(火) 10:30〜12:30 開場10:30〜 開会10:45〜

場所:  JR新宿駅東口徒歩3分(お申込み後に詳細ご連絡いたします)

対象者: 親子留学に興味がある、またはママ・赤ちゃん留学に参加したことがあるママ/パパ、プレママ/パパ、おじい様/おばあ様(お子さま連れは未就学児まで)

定員:  限定10組

費用: 無料(ドリンク・同室保育付)

お申込みはこちらのフォームからお進みください。
それでは、イベントでお会いできるのを楽しみにしています!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

フィリピン親子留学の最近記事

  1. 幼稚園児と小学生を連れてセブ親子留学へ。気になるフィリピン親子留学費用総額を徹底解説!

  2. 次回10月ハロウィンイベントの参加者募集!9月に開催したオフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学イベ…

  3. セブ島ITジュニアキャンプの短期留学効果って?中学2年の息子の英語スピーチとITスキルを公…

  4. 【2018年最新版】15歳未満の単独留学やジュニアキャンプに必要なWEG申請の手続方法。フ…

  5. 第7回オフ会 兼 ママ・赤ちゃん留学の6月交流会イベント開催のご報告。セブ島親子留学に興味…

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP
PVアクセスランキング にほんブログ村