セブ親子留学からフィリピンに移住して人生が変わった2児の母の体験ブログ。教育は子どもへの最高のプレゼント、留学は子どもの将来の可能性への大きな投資です。

  1. 子育て・育児について
  2. 184 view

ブログ読者さんの温かい声に感動。改めて感じる日本とセブ島の子育て環境の違い。

ブログ読者さん達から、様々なお悩みやご相談をいただいています。ひとりひとりの声が本当に嬉しく、心強く、とても勉強になります。

その中でも、最近、心の底から感動したメッセージを紹介します。

日本とフィリピンの子育て環境の違い、価値観の違いについて自ら発信しながらも、第3者の目線でご意見をいただいたことで、改めてその違いに気づきました。

私と同じ2児のママである、Yさんからのメッセージです。

近藤英恵様、お返事をありがとうございます^^

フィリピンに親子留学を考えてから、毎日近藤さんのブログを読んでいるため、
なんだか私の中では憧れの人になっており、
近藤さんからお返事を頂けて大変うれしく思っております。

フィリピン移住や留学の参考にもなりますが、
なにより、近藤さんの育児や産後うつなどの話とフィリピンの関係の話に涙しました!

フィリピンに興味がなくても、育児に悩んだりしているママさんにぜひ読んでもらいたいブログです!!

実際、主人フィリピンの話を最初した時には大反対、まだ治安がわるい、怖いというイメージを持っている方も多いので、
しかも主人は日本に残って、母子だけ長期留学の話には、大反対でした。

でも、近藤さんのブログを私が読み聞かせたら
主人が「すごくいい話だね、来年は自分もいけるもんならいきたいな」といい出したのです。

主人の仕事への態度も変わった気がします!
近藤さんのブログのおかげです!!

私が近藤さんのブログの大好きな記事の数々(とくに日本の育児とフィリピン留学についての話)を
主人に毎日のように読み聞かせていたため、
主人が最近、子供を静かにさせないといけない日本のたくさんの場所で、
「日本は子育てしづらいなあ~」と言ったりするようになりました!

どの場所に行っても、日本は静かにしているのが当たり前、
そちらの常識に子供たちを合わせるのって、ほんと無理がありますよね^^;

子供はよく泣くし、うれしかったら場所を選ばず大笑いするし、
もちろん好き放題させている訳にはいかないですが、しーんとしたほうに合わせるのではなく、
笑い声やにぎやかな方に合わせてくれる場所がもうすこし沢山日常であればいいのになあと、
外出先では肩身の狭い思いをする場面が、日本では沢山あります。

子供がご機嫌に大きな声でうたったり笑っているのを、なんで、阻止しなくてはならないんでしょうかね。
思い切り声をだして笑ってほしいです。
日本のそれが常識ではないと主人が近藤様のブログで気づいてくれた気がします。

ほんとに、いいブログに出会えて、お返事までいただけて、心からうれしく思っています。

こんなに素敵なお返事をいただけて、私の方こそ心から嬉しいです。

Yさんご家族のお話から、日本とフィリピンの子育て環境の違い、価値観の違いをあらためて強く感じます。

私は、自分自身が学んだこと、感じたことをストレートにブログに綴っているので
それが読者にどう受け取られるのか、正直いうと不安でした。

でも、こうやって共感していただけたり、温かい声をかけてもらえると
本気で涙が出ます。

Yさん、ありがとうございます。
ブログを読んでくれている皆さま、ありがとうございます。

自分自身の辛い経験をさらけ出すのは少し勇気が必要でしたが
ブログを書いてきて本当に本当に良かったです。

* * * * *

ブログ読者さんからいただいた、子育て中のママ目線の「感動した記事ランキング」についての記事はこちらです。もしよかったら読んでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子育て・育児についての最近記事

  1. 通勤片道2時間フルタイム会社員ママブロガーのライフハック!事実離婚シングルマザーのライフス…

  2. 育休中にセブ親子留学をするママさんからのメッセージ。子育て中の母親として共感と感動をした話…

  3. 中2の息子と39歳の母親がYouTube番組の動画制作で親子対決!どっちの動画編集が面白い…

  4. 14歳の息子の進路に向き合う今。親の都合で振り回した子供への後悔と感謝と希望と淋しさ。

  5. 毒親に育てられたために苦しんで生きてきたあなたへ伝えたいこと。

関連記事


おすすめ特集記事

  1. 子連れで海外移住

    小学校PTA副会長になって思うこと。子供が小学生までにセブ教…
  2. 子育て・育児について

    子育て中のすべての母親に読んでほしい。「かぜのなかのおかあさ…
  3. 子育て・育児について

    「母親だから」という理由で諦めなくてはいけないものなんてない…
  4. 子育て・育児について

    前例がないという理由で批判をするな。熊本市議会に赤ちゃんを連…
PAGE TOP